トランスマスター

アスのトランスマスターのレビュー・感想・評価

アス(2019年製作の映画)
4.0
#98 US=私たち=The.U.S=アメリカ人

幼少期に家族と旅行先のサンクルズの遊園地で父親がモグラたたきに夢中になっている間『魔法使いマーリンの自分探しの旅』というビックリハウス系のアトラクションの内のミラーハウスで自分とそっくりのドッペルゲンガーに遭遇してしまった少女の物語。

◆良い点/注目ポイント
・赤いつなぎの人々慈善イベントのTシャツの赤いキャラっていう設定ですが、密かに共産主義のアカをdisっているような感じがします。
・アフロアメリカンの父親の武器は金属バットという伝統芸。
・この間見た『真夜中のパリでヒャッハー!』の劇中でも出てきましたがアメリカの遊園地は入場料金無料の頃の浅草の【花や○き】のアトラクションに似ていて物凄い親近感です。

◆改善点
・旧約聖書のエレミヤ書11章11節って何の事か私の教養不足によりわかりません。

◆総括
・あえて物語の中核に一切触れずにレビューを書きましたが、ジャケットからホラーやスプラッターを連想してまうともったいない作品です。

-2020年 98本目-