アスの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(58館)

「アス」に投稿された感想・評価

うーんなんとも言いにくいわからない終わり方出した

映画を見始めた初心者のわたしにはまだなんともレビューはしにくい映画でした
突っ込みどころ満載。

親父のボートの
左回りのクセがおもしろかった
Tommy

Tommyの感想・評価

3.8
二重性をテーマに至る所にメタファーを盛り込み、不吉で不快な音楽と共に"自身の抱える恐怖"と"自分自身の恐怖"そのものを描く。細部まで作り込まれた世界観と日常に非日常が入り込んでいく恐怖に酔い痴れた。
小さい頃に思い描いていたイメージをホラーとして映像にしてくれて何だか嬉しかった。
みー

みーの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

サイコサスペンス。幼少の頃に失声症になるほどのトラウマを受けたビーチの遊園地に家族で遊びに来たところ、自分たち家族に襲われる。殺られる前に殺る。テンポの良い情報開示と展開でかなり見やすい。貧困を嘆き、富裕を憎むのは、どちらも知っているから。ちょいちょい笑わせに来る。サントラがずっと怖い。綺麗にオチたので、エンタメホラーとして満足しやすかった。

敵の作りが完全に人間でも、自分や親戚に対応していても、一切の躊躇なしにガンガン殺す。人を殺すのは初めてのはずなのに、手慣れているし動揺もなくて、この家族怖すぎか?となった。再会シーンで抱きしめ返さなかったこととか、最後の表情とかからも、弟が今後この家族のなかで幸せに暮らしていけるのかが心配になる。
前作ゲットアウトがすごくおもしろかったので、ホラーというか、基本怖いものが苦手な(ビビリーな)わたしも松山で公開していない本作を帰省のタイミングでチャレンジ。

ちゃーんと怖くて、笑えるとこ笑えて、小ネタや細かな伏線も丁寧に回収してくれて大満足。公式HPで公開している町山さん解説YouTube等々見るなどして、背景情報を知らないとこの作品で何が描かれてるのかはわからないかなあと思いました。

なるほどね。モンスターはお化けでもゾンビでも、白人でもなく、「私たち」でもあり得るのだ。
ただのホラーでは無かったですね。
これってオチ(コメント欄に)はそういう事?
モノを言わないウサギと、不穏な空気と不気味さがクセになるほど面白くて、風刺も効いて、ホラー寄りだけど緊張感の中に吹き出すくらい笑えるシーンも有り。 ゾクって来る余韻が堪らない。 もう少し短いと更に良かった。 割とスケールの大きな壮大なお話で、実はそう遠い話ではない気がして来るから、そここそが恐い。
りんご飴の赤が「イット」の赤い風船みたいで、今から何か不気味な事が始まる合図のよう。
ルピタ・ニョンゴをはじめ、役者陣が素晴らしかった。 ルピタのアデレードが綺麗で表情が豊かで、Redは発声や喋り方、顔がもう同じ人に見えない。 「マズ・カナタ」が演じていると言われた方が説明がつくような。 それくらい入り込んでいた。
ミニーリバートンの「Les Fleurs」好きだったのに鑑賞後はザワザワするイメージがついてしまった。
「ミステリースポット」今もあるのかしら。 風光明媚なサンタクルーズのイメージが、同じく鑑賞後は変わってしまいそう。 強烈なインパクトのある映画だった。
kaziyan

kaziyanの感想・評価

3.7
別荘とはいえあんな窓ガラスだらけの家は襲撃されたら一瞬で終わるな
最後はへー、なるほどーて感じ。

このレビューはネタバレを含みます

ジョーダンピール監督が元コメディアンと知ってからジョーダンピークと間違えて覚えてしまう。
最後の展開はそうでありませんようにと願ってた結末がそのままきたなぁ。
自分がもし自分の人生を乗っ取られたらめちゃくちゃこわい。でもあの子供達や旦那にとったらあの人が自分の知るお母さんなんだし問題ないかな?でもそれを知ったら少しこわいかも。
エレミヤ書11章11節はなんだったの?
sachiko

sachikoの感想・評価

4.5
観賞後にプロの解説欲しくなる。スリルのエンタメは抜群やし、不気味さは最高。

このレビューはネタバレを含みます

・トラウマ(?)
・クローン一家に家族襲われる
・地下のクローン襲撃
・反撃
・実は入れ替わり