ジュディット・ホテルの作品情報・感想・評価

ジュディット・ホテル2018年製作の映画)

Judith Hotel

製作国:

上映時間:16分

3.6

あらすじ

「ジュディット・ホテル」に投稿された感想・評価

くま

くまの感想・評価

3.1
芸術的
ホテルから出立するシーンはセンス感じる
asuka

asukaの感想・評価

3.4
こういう作風、なぜか惹かれちゃう。
またこの映画の世界に戻りたいと思いYoutubeで検索したら無くなっていました😭

予想できる範囲内だったので、特にこれといった捻りも感じず、ラストの衝撃も受けませんでしたが、不気味な雰囲気と色使いが最高だったので3.7です!
これは短編で正解◎

食事シーンが苦手な私ですが、是非とも見てほしいです!食事シーン!(語彙力)
そもそもあれは何を食べているんだ🤔
さや

さやの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ポスターがピーク。
オシャレがスベってるし、シュールさも演出できてません。俳優陣も“魅力的なキャラクターを演じようとしている人”ってレベルで、兎に角見所に欠けます。
ただ、死ぬことを決断した主人公の、やっぱり生きたいという想いが尊重されることはなかったあの憎いラストが好き。
marika

marikaの感想・評価

-
おしゃれで女の子が好きそう。ラスト、夢では飛べるって言っただろ?で切ってどちらか分からないまま終わらせたらよかったのに。
くろ

くろの感想・評価

3.0
不眠症で虚ろ虚ろしないように毎日スタバに行って無理やり起きてるカフェイン中毒者なので不眠症の辛さがすごい共感できる。最初の絵画のアップがカラヴァジョのユディトでもう分かる人は結末大体分かるし、全体の画の綺麗さが美術好きな人が作ったんだなーって分かる作品。おしゃれなせいで、かじってる青いボールペンがちょっと美味しそうに見える不思議。このシュールで不気味なんだか笑っていいのか分からない雰囲気が「ロブスター」や「聖なる鹿殺し」のヨルゴスランティモス監督に似てるので、こういうの好きな人はそっちもおすすめですね。
ほたて

ほたての感想・評価

4.8
最高に有意義な16分を過ごしちまった
tukino

tukinoの感想・評価

2.5
人の自由と解放とは死によって得られるものではない。と救いのないメイド達の憂さ晴らしにしか見えないブラックさを見るに、青い男の「今見ている現実が夢」という仮定話の方がある意味夢想的な現実逃避としての最上の救いな気がしなくもない。片腕と乳白色の湯船に広がる鮮烈な赤がキマッてる。客の外見から死の理由を推測するのも面白い。メイドの首にあるマーク(文字?)が気になった。やっぱりメイド×銃ならロベルタが一番。
塩サバ

塩サバの感想・評価

3.5
世界観の入れ込み方、支配人の奇妙さがよかった。

飛べるって言っただろ?という言葉にいまだに取り憑かれてる気分。割と結末は予想しやすいけど、好きなエンドでした。
gma

gmaの感想・評価

-
従業員「しにたい」
>|