ショウコ

ブラッドショットのショウコのレビュー・感想・評価

ブラッドショット(2020年製作の映画)
3.2
主人公の血液はナノマシンで出来ており、顔面の肉が銃撃で吹っ飛ばされてもあっと言う間に元通りになる。超回復に任せて特攻する戦闘スタイルは藤井八雲とか阿良々木暦を彷彿とさせますけど、元々がガチムチだし強いのであまり活かされてはいません。観る者のグロ欲を満たす為だけの設定か🤔
ターミネーターみたく頬が削れて奥歯が見えたり…などの画はいい感じ。でも散った肉片はCGですぐ砂みたいになっちゃうから特にグロくはない

コミックの映画化なんだそうな。悪いやつに奥さんを殺された上に自分も撃たれ、組織に拾われて改造手術を受ける。同僚に美女はいるし復讐に燃えて飛び出しちゃうし寡黙な主人公に代わって間を埋める為のお喋りオタクはいるし…という典型的なメリケンヒーローもの

脳内ネットワークに接続すれば飛行機の操縦方法もダウンロード出来てしまい、その場で学習→実践可能…など序盤だけでも似た作品がいくつか思い浮かびます💭
あれよ、好きなガンプラのパーツをあれこれ組み合わせてオレカスタムかっけー!ってやってる感じ

お約束につぐお約束に、やべ最後まで観てらんないかも…と思いましたがかなり早い段階でツイストが入り「おおー面白い!」と引き込まれた🔥
と言ってもそのツイストすらどっかで見た事ある様なものなので推進力としては一瞬です

目新しいアイデアはひとつもありませんでしたが、話は綺麗にまとまっていて、主人公と同じく肉体に魔改造を施された敵との超人アクションは迫力あってテンション上がる。映像に金を掛けるだけでも一定以上のものにはなりますし、それが可能な態勢は羨ましい限りですね