ゆっけ

宮本から君へのゆっけのレビュー・感想・評価

宮本から君へ(2019年製作の映画)
4.5
宮本ーーーーーーー!

おーーーーーーー!
うぉーーーーー!
うあ゛ーーーーーーー!
がんばれー、宮本ーーーー!!
負けないぞーーーー!!!

熱いよ!熱い。熱すぎる!

嫌いだけど、好きな映画です。
不器用で、かっこ悪くて、それでも必死に生きる。
生きてやる。もう目を塞ぎたくなるほど、"痛い"シーンが多いので、
嫌な人は嫌だと思います。

暴力とか、性の生々しいシーンもたくさんあります。
誰よりも、真剣に生きている宮本。
もう馬鹿すぎるんだけど、嫌いになれない。
感情がむき出しで、むしろ清々しいね。

間違いなく今年一番の熱のある映画です。

『愛しのアイリーン』新井英樹原作で、『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也監督といえば、なんとなく想像できるかもしれませんが、そういう映画です。「暴力」「大声」「不器用な人間」がつきものなので、苦手な人は、軽々しく観るのは要注意です。本当に嫌な描写が詰まっているので。

でも、あの"決闘"シーンは、ジャイアンとのび太だよ。『ロッキー』のような熱い映画観たい人におすすめ。

ピエール瀧、佐藤二朗コンビが最高でした。怖い。そして、拓馬を演じた一ノ瀬ワタルもすごい。最初出てきたシーンから、もうあれだと思ったよ。目がやばいよ。

俺の人生、バラ色だーー!!!