宮本から君への作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

宮本から君へ2019年製作の映画)

上映日:2019年09月27日

製作国:

上映時間:129分

あらすじ

「宮本から君へ」に投稿された感想・評価

宮本…
相変わらず熱くて鬱陶しい
が、まっすぐなんだろな!
好きな漫画なんだけど…
この脚本は良くないシーンが含まれているので、減点2
懐かしかった。漫画読んで感情ぐわんぐわん揺さぶられた記憶が蘇った!主人公も蒼井優も、新井英樹漫画の登場人物そのものに見えてくるから不思議。蒼井優は叫ぶ演技含め、さすがやなぁと。主人公の父親役で原作者が出演していたとは・・・(エンドロールで気付いたニワカファン)。
全力で生きていますか
全てを敵にまわす覚悟で

唯一無二の恋愛映画
ゆうじ

ゆうじの感想・評価

3.7
高評価なのも分かるが…
イマイチ入り込めなかったな😓
男も女もめんどくさい感じで😅
最後のマンション外階段での決闘は見ごたえあった👌
あんな

あんなの感想・評価

4.2
映画の熱量で胸焼けするから、今から夜の街を叫びながら走ってきていいですか?ってなった。そのくらい最高。精神揺さぶられた。
knjmytn

knjmytnの感想・評価

4.1
情念も情愛もちゃんと情熱を持って相手とぶつかること、その熱で心が動いていく。

なんの情もないくせに傷つけてくる奴は、それは許せないよな、宮本。

わかった気になってクールぶって生きてんじゃねえぞって宮本から言われた。たぶん。

ヒモの井浦新、かなりダメなやつだけどちゃんと情があったからかなり好きになっちゃう。

そしておもしろおじさんの佐藤二郎の語りをなんでもわかった風のクソムカつく説教おじさんとして起用するの天才か。

ムカムカするし、感情もグワングワンするけど、熱いものが心に残るすごい映画だった。
“夜空はいつでも最高密度の青色だ“が池松壮亮の代表作だと個人的に思ってきたけど、まさかの真逆の振り切り方で塗り替えられた。すごい俳優だ。
やばすぎる映画
もっかい見るのは結構しんどい
演技ほんとにすごい
Ayami

Ayamiの感想・評価

-
現代版ボーイズオンザラン
joze

jozeの感想・評価

4.3
※1
あぁっずいおどごだなぁ!
みやもどぉぉ!
ボーイズオンザランの田西以来んねが、こだな愛すべきバガ野郎は。血も汗も涙もダラダラ流してよー。唾も涎もおがまいなしがぁー。
惚れだ女のために、玉砕覚悟で突っ走る。単純なんだ、やってるごどはすごぐ単純なんだ、でもよぉながながでぎねぞ。カッコわりぃげどカッコいいっけ。最低だげど最高だず。それが愛なんだべ、愛。


蒼井優は演技が化け物。
あんたが大将!

※2
熱い男だな!
宮本!
ボーイズオンザランの田西以来です、こんなに愛すべきバカ野郎は。血も汗も涙もダラダラ流して。唾も涎もおかまいなしか。
惚れた女のために、玉砕覚悟で突っ走る。単純なんだ、やってる事はとても単純なんだ、でもなかなかできない。カッコ悪くてカッコいい。最低で最高。それが愛なんでしょ、愛。


蒼井優は演技が化け物。
あんたが大将!


宮本から君へのレビューにあたり
途中まで標準語で書いてましたが、なんか違うと思ったんです。この映画が、全てさらけ出して圧倒的熱量でぶつかってきたのに、普段使わない言葉で文章にしても、うまく本音や気持ちが伝わらないと思い、あえて方言で書きました。

新井英樹、花澤健吾、
二人の作品に出会えた事に感謝。



※1 方言
※2 標準語


書き終わたらどっと疲れた。
映画見終わった後くらい疲れた。
宮本のせいだぁ。


明日から四月ですね〜
>|