仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーションの作品情報・感想・評価・動画配信

「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」に投稿された感想・評価

Kaori

Kaoriの感想・評価

-
ゼロワンはテレビ編を全く観てなく
キャラクターが辛うじて判る程度での鑑賞。


戦隊モノはそれでもそれなりに
楽しむことができるけど
今作は正直 いつもと比べてビミョーだった。

令和最初だけど
前作のように大きなサプライズもなく
なんと言っても高岩さんが
主役アクターから外れたのも
自分にはでかいかも。
ゼロワン本編に1000%さんがちょうど出てくる辺りに公開だったのかな。お待ちかねのグランドフォームとゲスト女優さんはほとんど出番がない。001と1型とアナザー1号はデザインはウルトラ好みだし、パラダイスロストみたいな雰囲気は醸し出してるけど、蛇足感が歪めない。
やある

やあるの感想・評価

3.5
なんか観るの忘れてた
ジオウの先輩感あって良かった☺️
そんでゼロワンのアクション演出は安定のかっこよさ。よう分からんところもちょくちょくあるけど仮面ライダーなのでしゃーなし
CPUの熱

CPUの熱の感想・評価

3.7
555の映画っぽい雰囲気だった。この頃ってゼロワン強化フォーム出てなかったっけって思った。
所詮お前らは人間の道具だ!って…、それ言って良いやつなん?刃ちゃんよぉ、ワシ、聞き間違いかと思ってそのシーン2度見ちゃったんやが、でもまぁシリーズ中盤の映画やしなぁ…スンスン

俺が始まりのライダーやで!いやいや、俺こそが始まりのライダーやろ?俺が始まりのライダーだぁ!って話

イズちゃん可愛すぎて良くない!ロボットで人工知能やってわかっていても好きになっちゃう!恋しちゃう!スンスン
そうな、ジオウもゼロワンも全くハマってなかったマシンボーイやけどもな、イズちゃんはめちゃ好きやからな!観たぞ!
ぐふぅ…ヒューマギアからは裏切り者扱いされ、人間からはやはりヒューマギアとして憎まれるにもかかわらず、常に真っ直ぐで優しいイズちゃんに、はぁ…イズちゃんまぢ天使やん!ぺろぺろ、好き、キュンキュン、なったわぁ

あとはジオウメンバーで唯一好きなオーラちゃん出ていればも少し楽しみに幅もできたろうが、ぐふぅ…やっぱりオーラちゃんは出番無し、もうただただイズちゃんの出番にキュンするばかりやったぞぉ!

そのオーラちゃん達に変わってタイムジャッカーからは新キャラで生駒ちゃんが演じるフィーニスが登場するんやが、こいつがまたなかなかヤバいやつでな、「仮面ライダーは元々は悪であり、仮面ライダーが正義というのは改変された悪しき歴史なんや」っつーとんでもない説を唱え、自らが始まりのライダーとなり悪事の限りを尽くそうとするんよ!
え?マシンボーイが大絶賛する「コープスパーティー」ではあまりにポンコツ過ぎる演技を披露し我々を震わせた生駒ちゃんにそんな難しそうな役が演じられるん?って…、いやいや生駒ちゃんはハマっていたぞ!セリフに感情が乗ってない無機質な感じが役にピッタリやった、ひと昔前の東出くんみたいな人外感!(←これめちゃ褒めてっから!絶賛やから!)

あとはな…、そうなぁ、クオリティは低くない作品やったんやが、やっぱりジオウにもゼロワンにもハマって無い身としてはそこまで前のめりでは観れんかったしやな…
他に良かったとこ…良かったとこ…………あ!刃唯阿はな、ネイビーのジャケットにベージュのタイトなパンツやからか、アクションシーンとかでもちょいちょい下半身スッポンポン?って見える瞬間があってドキドキしたぞぉ!ぺろぺろ、オススメ〜

ちなみに今日ももちろん仮面ライダーセイバーは観たんやが(途中でうんこしたくなって10分間くらい観てないんやけどな…)、セイバーも青いやつもめちゃカッコ悪いからどうしたことか…思っていたマシンボーイなんやが、お!今日から登場の新ライダー結構カッコイイやん!キンタロスみたいやん!思っていたら…変身を解いたらおっさんでビビった!ゲラゲラ、斬鬼さんみたいなカッコイイお兄さんやなくて、普通におっさん!ビビった!ゲラゲラ
我が魔王が可愛かったことばかり思い出してしまう
アクションやばすぎでしょ...ライダーが10人も出てくるのにそれぞれに見せ場があるし、カメラワークが抜群過ぎた...
あとポニテのゆあちゃん中心にガンアクションも最高。こんなに薬莢ジャラジャラ落ちる子ども向けの映画ある!?
Rikuto

Rikutoの感想・評価

3.6
2020年192本目

テレビ版のゼロワンは終盤だけ素晴らしいストーリー展開でした。デザインもゼロワンかっこいいし、ゼロツーとバーニングファルコンは自分好みすぎて最高だった。そんなゼロワンとこれまた大好きなジオウのコラボを見れたのが嬉しい。けれど、もっとジオウの出番が欲しかった。1型は最高だった。
>|

似ている作品