Marrikuri

映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめてのMarrikuriのレビュー・感想・評価

3.1
綺麗です。
フワの声が時々割れて聞こえづらかった以外は、アニメとして特に問題なし。

宇宙婦警メリーアン役の初登場キャスト知念里奈さんに気をつかったのか(orそもそもこのために呼んだのか)、“沖縄ロケ” が大充実! 那覇国際通りから読谷村(残波岬灯台/残波大獅子/泰期像/残波ビーチ)へとスマートに跳び、首里城や守礼門をスルーしたことで、ありふれたくなさが何げに滲んでます。じつは首里城シーンも用意したけれど10月末の悲しい焼失を受けて急遽編集で削除、したバージョンなのかも??
中盤以降は沖縄モチーフの深掘りはなく、ペルーやチリやギアナへと旅が広がり(そもそも宇宙を股にかけてる)、変身待ち・バトル待ちの閉塞感みたいのが逆に生じて若干退屈ドラマにもなりますが、考えてみれば小星たちは一貫して星砂っぽだし、オレンジ色の花畑(沖縄のクワンソウorキスゲにちがいない)が終盤で画面をうずめるし、ひかる(キュアスター)とのWヒロインに抜擢されたララ(キュアミルキー)の髪色は常に海見えみたくターコイズブルーなので、今回は南国沖縄県に真正直に心を寄せた異色作、とみた私です。
クライマックスの歌ダンスが映画的には当然最高。
本作の収益の一部を首里城再建のために寄付、とかの小粋さがあればなおグッとくるぞ~ぅ。。