みうさん

ジョナサン ふたつの顔の男のみうさんのレビュー・感想・評価

-
アンセルエルゴートが二重人格の青年を演じており、これがとても良い。昼を生きるジョナサンと夜を生きるジョナサン=ジョン。昼のジョナサンは潔癖症か?というくらいきちんとした生活をしている。設計の才能もある。インテリアは美しく、きちんと料理もする。表に出ている昼の人格だけが描かれていて、隠れている人格については観客もジョナサンが見る録画でしか見ることができないという演出が大変良い。エレナ(スキウォーターハウス)と先生(パトリシアクラークソン)はどちらとも会っているので、その会話から測ることもできる。終盤の展開はそれまでの流れからすると、こうくるか!という感じだけど、その演出もいい。最後のシーンはグッときた。巻き込まれたタクシーの運転手のちょっととぼけた感じも良い。アンセルエルゴートは静かな役が多いんだけど、その静かさが活きてるし、それだけじゃないのもよくわかるし、最後のシーンはハッとした。
字幕翻訳/岡田理枝
シネマカリテ スクリーン2 C列