ヒラータ

戦場でワルツをのヒラータのレビュー・感想・評価

戦場でワルツを(2008年製作の映画)
3.1
ジブリなどを見慣れている自分にとってこのタッチはアニメというよりゲームみたいな感じだった。
アニメだからこそ描けるリアルな戦争と衝撃的なラスト。戦争を戦う側として経験した監督からこそここまで普通の戦争映画とは違う内容で描けるんじゃないかと思う。
シリアスな内容に対しての凄くポップな音楽。淡々とした話の進み方。平和ボケというか戦争をわからない自分にとっては共感はできないけどこのような事は知っとくべきなんだろう。