くぅー

台風家族のくぅーのレビュー・感想・評価

台風家族(2019年製作の映画)
3.8
my映画館2019#74> お蔵入りになりかけた本作、その時点から既に先行き見えなかった訳で・・・そんな本編もどこへ向かうのか分からず、久しぶりに着地点が予想できない、いい意味での迷走台風っぷりを楽しむ。

霊柩車で銀行強盗から始まり、つかみはインパクトがあり、その後のピアノと緩急を付け・・・前半はこの一家の三兄妹による、強風域の様な一筋縄では行かない遺産相続の話を展開させる。

そして、一人、また一人と訳あり関係者が現れ、ユーチューバーにオレオレ詐欺等の時事ネタも放り込み、ドロドロな味付けも見せたりと・・・暴風域に突入したかの様な飽きさせない演出を見せる。

そして、徐々に "実は..." な人情的な要素をブレンドして行き、家族の絆を台風の目に収束させ・・・この台風一家の台風一過なラストへと向かわせる。

まぁ、やり過ぎ感全開で、ツッコミ入れながら見る類の作品なので、合わない人には合わないだろうが・・・ある意味、この古臭くて懐かしくもあるタッチもたまにはいいなぁと。

なお、俳優陣では、まずは草彅剛・・・ゲスい熱演、お疲れ様でした。
尾野真千子が安定の演技で、作品の重心をコントロールしてるかの様。
さらには、久しぶりにMEGUMIがいい味を出しまくり・・・・売出し中の若葉竜也もまた別な顔を見せ、ニヤリ。
中村倫也は控え目だったが、藤竜也らのベテランも納得のサポートぶり。
そう、新井浩文も好演してたので、もったいない・・・ガチのゲスさは猛省されたし。