kyohei

よこがおのkyoheiのレビュー・感想・評価

よこがお(2019年製作の映画)
3.7
主人公の市子のように無実の加害者になったらと思うと…いろいろと考えさせられました。

訪問看護師で周囲からの信頼も高かったのに…たった一つの小さな嘘でこんなに崩壊していく怖さがありました。

あの喫茶店で甥っ子と訪問先の家の長女と次女が会ったのは、全くの偶然だったのに…マスコミが話を盛れば盛るほど、餌食になっていく展開にげんなりしました。

まさに体を張っていた市子役の筒井真理子は、凄いと思った。
なんか夢の中で犬のようになっていたのは驚いた。
市子に思いを寄せる基子役の市川実日子も凄かったですよ、もう振り回させられるし、復讐をしたとしてもこれじゃ無い感が…なんとも言えなかったです。

ストーリーは現在パートと過去パートが交互に描かれていく作りだった。