イン・ザ・ハイツの作品情報・感想・評価

「イン・ザ・ハイツ」に投稿された感想・評価

Preview Screening
na3

na3の感想・評価

3.9
おばあちゃんの歌が泣ける。。!公開されてからブラックヒスパニックの出演者が少ないことに批判を受けてるみたいだけど、単純にエンターテイメントとしてとてもエキサイティングに作られてると思う。リン・マニュエル・ミランダの天才っぷりも遺憾なく発揮されていて、舞台で見た人達が羨ましすぎる!
20210622 たまむすび
asa

asaの感想・評価

-
まだ見ていない

が、是非見たい作品















ラジオで町山さんが紹介
ワシントン ハイツのハイツの事
ラテン系のひとが集まっている場所
=バリオ=中南米のひとが集まっている場所の事
ウエスト サイド ストーリー以来60年ぐらいの作品
どう変わったか?変わっていないか?など
ヘルスキッチン?と呼ばれている低賃金労働者たちが舞台となっている
ベビーシッター、エッセンシャルワーカー

ワシントンハイツの高額な賃貸料と白人優先
ドミニカに引っ越したいという夢

スタンフォード入学するも、差別に合う
その差別に心を病み、大学もやめてしまう娘

不法入国した親を持つ子の市民権なし

ウエストサイドS と比較しても現状が変わっていない事がわかる

今のアメリカはスターがいない
試写会で鑑賞。ラテン系ミュージカル!ミュージカルシーンが多くて大満足
私はミュージカル映画が肌に合わない人間…………………

もはやミュージカルじゃなくてサイファーやってる瞬間あったよね?
Momo

Momoの感想・評価

4.0
電話の呼び出し音、あの王様の曲やんな!

お気に入りは美容室のシーン
3人のかしまし娘が凄くいい
マネキンが笑うとこも好き

ヒロインが美人…
こりゃ一目惚れするよね
クラブで踊るシーンは痺れる

いろんな体型の人がみんなキレッキレに踊っててかっこよかった
 

ちょっとずつ、でも確実に都会に失望していく感じが描かれていた

このレビューはネタバレを含みます

映画館/カナダ
私もTideのシミ抜きペン持ち歩こうかな
Fumiya

Fumiyaの感想・評価

4.5
1年ぶりに館内上映が再開したアメリカの映画館で鑑賞。NYCのupper ManhattanにあるWashington Heights, 通常 "Heights"のneighborhoodに住むラテンアメリカ系コミュニティを舞台にしたミュージカルです。終始アップテンポな音楽が続き、迫力あるダンスと歌で気分は高まります。ララランドが好きだった人は楽しめるかもしれません。
脚本としては、ラテンアメリカ系の人々のオリジンをめぐる葛藤、あるいはアメリカに移民してきたヒスパニック系の子どもたちが、アメリカ社会に適応する中で出会う苦闘を扱っています。父親の故郷ドミニカへの憧れをもつ主人公の自分のルーツを求める視線と、スタンフォード大学に進学しながらもドロップアウトを選択するヒロインの視線は、過去と未来という時間軸の違いはあれど、アメリカにおけるヒスパニック系移民の人々が思い思いに戦ってきた歴史を代表しているようにも見えました。監督はCrazy Rich AsiansをてがけたJon Chuで、近年のハリウッドで重視されるようになってきた人種・民族的な多様性を踏まえた映画づくりをリードしています。
>|