まるだし

僕に、会いたかったのまるだしのレビュー・感想・評価

僕に、会いたかった(2019年製作の映画)
3.0
鑑賞回数:1
物語:★★★☆☆ 3.0
配役:★★★☆☆ 3.5
演出:★★★☆☆ 3.5
映像:★★★☆☆ 3.5
音楽:★★★☆☆ 3.5
再見:★★☆☆☆ 2.0

「でも離れていたって家族の想いは繋がっています」

事故で記憶を失い、仮に記憶が戻っても重い過去を抱える事になる主人公を守ろうとしてる島の人々の優しさと、その優しさに応えながらも 自分の事が分からず複雑な気持ちを抱えて生きる主人公の物語
明らかになる主人公の過去こそドラマはあるが、作中のほとんどは島の日常が描かれているだけなので、観る人によっては退屈してしまうと思う
自分は、島ではないけど港町の生まれなので、自分の田舎に似た雰囲気が懐かしくて割と好きだった
島の自然もキレイだったし、島へ来る留学生の面倒をみる島親という制度も温かみがあって良い
鑑賞時お腹が空いてたので、漁港での水揚げされたばかりの魚や食事のシーンが映るたびにお腹が鳴りそうだったのがヤバかった
田舎のご飯とか新鮮な魚なんて、あんなの多分ほぼ間違いなく絶対メッチャ美味い
今度地元に帰ったら、たらふく食べてやろうと心に誓った