NonCorleone

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明のNonCorleoneのレビュー・感想・評価

4.4
リコとボンボルドに共通する探検家としてのロマンを追い求めるその性格が、ボンボルドをより一層腐れ外道たらしめていた。

まあとにかく面白い。
テレビアニメの続編の映画化っていうのは映画としての面白さ、つまり話のテンポや展開の面で如何にテレビアニメとの差異を付けられるかがポイントだと個人的には思うが、これはそのお手本だ。
涼宮ハルヒの憂鬱につづく消失、のような単品としての面白さ。ドラゴンボール超ブロリーに匹敵する、指数関数的に勢いを増すアクションシーン。そしてアクションシーンに低いフレームレートの映像を挟むことによって印象づける映像表現。超濃密で鬱なシナリオだが、この2倍は観れる。

この作品の本質はやはり、適者生存、そして進化だろう。2001年宇宙の旅に通ずるものを感じる。環境への特異的で外発的な順応を遂げたナナチ、謎に包まれているが人間ではないことは確かであり、生物を超越した存在であることが示唆されるレグ、そしてただの人間リコ。
3人は見た目は大きく違えど、層を重ねる毎に内発的で内面的な進化をしていき、その姿は形而下での進化を追い求めるボンドルドと対比される。
恐らく最下層に到達しても、リコの外見は変わらないだろう。だが僕が思うに、最下層は外見やパワーがものをいう世界ではない。形而上での進化を成し遂げた者のみが到達しうる世界に思える。そこはきっと、楽園かもしくは無だ。

度し難い1回も言ってないぞ!早く2期が観たい。来年かなあ。