劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明の作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

4.2
観てしまった。深層からの誘惑に耐えられず。

映画として。盛り上げるところをしっかり盛り上げる、テンポの良さと演出が素晴らしい。終盤からは息つく暇もない。感情が追いつかない、とはよくいったモノ。
TVアニメor原作を観る必要があるが、それがなければいろんな人に勧めたい。

さて、ガチガチの原作ファンとして。
エグ表現は正直、原作で慣れていたので、映像化したら「こんな気持ち悪くなるのかぁ、、、」って感じ。全ての展開を知ってなお、演出の妙は盛り上がる。

あと、原作好きとしては、実はエンディングが神だった。きちんと本編のあとをアート的に描いている。希望と絶望の道を現実離れした空間にして。
事前に聴くことがほぼできないエンディングテーマも相まって美しい。
ちえり

ちえりの感想・評価

5.0
んなぁ~~~~😭😭😭!?!?
「メイドインアビス」アニメの続編です。
泣いた……
こんなに絵可愛いのに……どんな残酷映像よりキツいで……
観終わったあと若干鬱になっちまう💦💦
てか4DXで公開してたとかヤッバ!!いいな~観たかった……
面白いです。2期早く観たいな!!!
m

mの感想・評価

3.0
2021年 78本目
こんなおもしろい作品をリアルタイムでみてなかった自分を全力で殴りたい。『まどマギ』『リゼロ』『らき☆すた』感のあるかわいいキャラクターに吸い込まれるぐらい綺麗で美しい背景、なのに設定がぜんぜん可愛くないし内容も重い、人によってはトラウマになりそうな残虐な描写(あたしは大好物)そのギャップがたまらずクセになる。あと、たまに入る下ネタ。下ネタの直後に何かいきなりバッド展開入るんじゃないかと構えてしまうぐらいいきなり下ネタくるのめっちゃおもしろい。友人に「漫画よりアニメの方がいいから」と勧められてアニメから劇場版まで一気にみたけどその通りだった。バカ泣いた。映像化大大大成功作品。はやく2期みたいです。
うなぁーーーーー!

ありゃ父親じゃねーわ!
まぁ

まぁの感想・評価

4.4
ナナチがかわいすぎる!!
ナナチに触りたい!!
ナナチがほんとに可愛すぎる。
尊い…!!!

そしてリコがほんとに嫌い…
いやなんで白笛リコなん…お前何もしてないじゃん…なんで出会うやつ全員リコ大好きになっちゃうのか理解できん…
って思って考えてたけど、
リコのためにみんな頑張るのって
リコ自身がそういう効果を持った特級遺物なのかなとか。
アビスで生まれて、アビスに還る。
運命に引っ張られ、ボンドルドとは違うベクトルの狂人として、底に向かう。

その存在そのものを愛するボンドルドも大概だったけど、リコもかなりやばいよな〜
ましろ

ましろの感想・評価

3.9
ナナチとレグとリコ。
プルシュカとメイニャとボンドルド。

名前が覚えられないのでメモ。

よくもまあ制限だらけのこのご時世にこの作品を映像化し、更には劇場にまで持っていたなあと驚きました。R指定の問題もあるのか血流表現などはピンクめ。

とりあえずナナチが可愛くて可愛くて仕方がない。原作者の性癖を詰め込んだんだろうなあ…と想像してしまう。可愛いもんな…レグも可愛いよ…。


一言で言い表せない感情を扱うのが上手い映画でした。大画面で観る勇気はなかったけど、大分覚悟をして見たのでアニメ本編よりも心は抉られませんでした…。しんどいシーンは大体が予告編で観ていたものが殆どだったかと思います。これ以上にしんどい事が起きなければいいな、という事は起きなかったと思いますが、人によってはしんどいかもしれません。

曲も効果音も作画も非常に最高でしたが疲れるね…アニメ本編でのミーティの試練をくぐり抜けたとしても一つ終わってまた一つ辛いこと、という感じ。







↓ここからネタバレ











ボンドルドは原作者の分身なのでは…?と思うくらい、なんかこう原作者の生き写しのような事ばかりを言うキャラな気がします。変態であり頭がおかしくもあるのだけど最後までカッコよかったと思ってしまうので悔しい。

よくSFなどで天才だった故人の意識や性格そのものをAIに託す、という設定はあるが…ボンドルドに関しても意識ややり残した事を分身に託していた。本体であるボンドルドの意志が真っ直ぐに引き継がれたのか、それとも刻を得て屈折したものなのかは闇の中である。ある種の探究心や好奇心を突き詰めた結果が彼の成れの果てである事には違いない。

ボンドルドが頭おかしいのはもう前提として…彼の中の愛し方というのが人の形として愛でるのではなく、どんな形でも対象の存在を愛でているのだから彼の中では一つの信条になっていて…それを突き通して朽ち果てたその生き様には気持ち悪いを通り越してカッコよささえ感じてしまう。相手を愛しているのかどうかというのはよく分からんが、頭がおかしいなりに(?)全力で対象と交わっていた。屈折した愛…そもそも愛ではなく、愛玩に近いのかもしれない。

最後にボンドルドがいなくなる瞬間のナナチの顔が忘れられない。どんなに酷い仕打ちをされても、家族愛なのか何なのか複雑な感情がナナチの中に埋めいて顰めっ面になっていた。ストックホルム症候群…なのか?こちらも複雑。
スロウ

スロウの感想・評価

4.0
可愛いキャラクターを使って狂気、フェチズム、変態性を見事に発揮した原作漫画(褒めてます)を毎回悶えながら読んでいます。

TV版以降の話は映像化不可能だと思っていましたがR15+で実現してしまうとは。
高クオリティなアニメーションで可愛さと残酷さが大爆発。
だいぶ精神にくるので、再視聴は出来ないと思いますが、美しいアニメを観ることができて良かったです。
感謝です。

内容については言えませんが、
一つ言えるのは、ナナチの可愛さは救いであり呪いでもある、ということですね。

本当に、本当に、ありがとうございました。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品