Souma

レオンのSoumaのレビュー・感想・評価

レオン(1994年製作の映画)
5.0
『死んでもいいという人間の命を奪っても面白くないからな』
"I take no pleasure in taking life if it's from a person who doesn't care about it."

この子役がナタリー・ポートマンだと知ったのは
ずいぶん経ってからだった。

ジャン・レノの殺人以外は無知なレオンも
ナタリー・ポートマンの愛と哀の混ざったマチルダも本当に素晴らしい。
12歳のマチルダがかわいいだけじゃなく
後半からセクシーにみえてくるのは僕だけじゃないはず。

でも、作品を際立たせているのは
スタン(ノーマン・スタンフィールド)を演じたゲイリー・オールドマンだと思う。
純粋なイかれた悪をあそこまでかっこよく演じてるのが半端ない。
ヤクをキメル時のイかれっぷりや
殺人を芸術(クラシック)でたとえる精神。
普通だったら、あの過剰演出はダサくなって見てられないんだけど
それを感じさせず、かっこよくみえるのだから凄すぎる。
ああ、なんと純粋な悪なんだろう。
ダークナイトのジョーカーに並ぶかっこいい純悪役だと思う。
ダークナイトシリーズが大好きな僕には
ゴードンを演じてるゲイリーがスタンを演じてるのも衝撃だった。


演技だけでなく、カットもすごく好き。
レオンとアマンダの抱きしめあったシーンで
足元を映してるカットにはセンスしか感じない。

ラストのカメラがレオンとスタンの目線になる演出も
光の希望と背後の絶望とが混じったシーンですごく好き。