レオンの作品情報・感想・評価

「レオン」に投稿された感想・評価

mayuchi

mayuchiの感想・評価

4.8
【2017年89作目】

リュック・ベッソン監督脚本、ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン出演の名作。
こちらは1994年の作品。
日本公開は遅れて1995年。
この作品を観た時は、最高に切ないストーリーなのが強烈に頭に残りました。
私はその頃、他の友達より少しだけ多くの映画を観ていたと思います。
なのでよく「オススメの映画ある?」と聞かれました。
その時は本作を何人にもオススメしましたね(´∀`*)
特に男性には、強くオススメしました(笑)

久しぶりに観ても、20年以上前の作品とは思えないほど、何もかもが色褪せてない!
何度も観たので、次に何が起こるか分かっているのに、最後まで新鮮な気持ちで観れました。
改めてこの作品の素晴らしさを噛みしめましたね(*´ェ`*)

少女と殺し屋の愛・・・。
あの歳で生きる事の難しさを知っているマチルダ。
その少女に出会った事により、初めて根をはって生きて行きたいと思ったレオン。
この2人が織り成すラブストーリーは、もうパーフェクトなのです!

そして、この頃のゲイリー・オールドマンはキレキレのイカれた野郎を演じると、右に出る者はいなかったと思うなぁ。

きっとまた20年後に観ても「最高!」と思える作品だと思います(´∀`*)
うめ

うめの感想・評価

-
レンタル
秋になると新作より懐かしい映画を見たくなります...とういうことで久しぶりに鑑賞しました。

マチルダの横顔や笑顔、泣き顔、無愛想で不器用ながらも愛らしく思っているレオンの顔、家族を殺された少女と殺し屋のプロという影を持った二人の中にも、確実に光は大きくっているのがよく伝わってきました。

この二人に対して、麻薬捜査官のいかれ具合に気味悪さを感じました。

こどもながらに既に顔の整ってるナタリー・ポートマンのかわいさと、ゲイリー・オールドマンが若く、いかれっぷり演技がすぎてるので、一見の価値ありです。

鑑賞記録:2018年 90作目
とにかくとても好きな映画。ナタリー・ポートマン演じるマチルダの可愛くも陰がある大人びた雰囲気がとても可憐。ジョン・レノの渋さ、ゲイリー・オールドマンのやばいやつ感も最高。マチルダが復讐に執念を燃やしたりレオンと同じ立場になろうしたりする様子がいじらしくて儚かった。Sting「Shape of my heart」による余韻もこの映画の魅力の1つ。洋画としても展開がわかりやすい上に観やすく、いろんな人に観てほしい作品。
Riko

Rikoの感想・評価

5.0
二人の歳の差を感じさせない愛の深さ。
なによりナタリーポートマンの
可愛さと演技力がすごい…
Little Italy の温度感、街の描き方がリアル。すき!
1度は見ておきたい映画!
>|