メトロポリスの作品情報・感想・評価

「メトロポリス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.3
「メトロポリス」
原題「Metropolis」
1929/4/3公開 ドイツ作品 2017-168
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング22位 再鑑賞

「SF映画の原点であり頂点」
90年も前に作られたとは思えないSFイマジネーション、ストーリー展開、テーマ性(資本主義と共産主義の対立)そして美しさ、どれをとっても芸術で素晴らしい作品だと思います。
100年後のディストピアがNYの高速ビルイメージであったり、アンドロイドやテレビ電話が出てきたり。。約90年前、大正15年にこんなイマジネーションができるなんて凄いですよね。
この映画史上一番美しいと言われるアンドロイドはスターウォーズのC3POのモデルになり、マッドサイエンティストのロトワングは、スタンリー・キューブリックの「博士の異常な愛情」の、ストレンジラブ博士のモチーフになっていますね。
多くの作品に影響を与えた本作なくしては後のSF作品は無かったかも知れません。そういう意味でも偉大な芸術作品と呼んでも過言ではないですね!!

フリッツ・ラング監督によって1926年(大正15年)製作、1927年に公開されたモノクロサイレント映画で、ヴァイマル共和政時代に製作されたドイツ映画である。製作時から100年後のディストピア未来都市を描いたこの映画は、以降多数のSF作品に多大な影響を与えSF映画黎明期の傑作とされている。当時の資本主義と共産主義の対立を描いた作品でもある。
tarutaru

tarutaruの感想・評価

4.6
アンドロイドと地下工場。好きです。
かつ

かつの感想・評価

4.8
ぶつ切りでばっか見てたが、ようやくちゃんと観た、買ってから何日経ってんだよ…

いやいや本当に良い、
「SFの原点」ていう言われ方ばかりされるが(もちろんその点で素晴らしいんだけど)、それ以上のものがあるとおもいます

てかまずそれ以前に普通にしっかり誰でも楽しめる純粋エンターテイメントだから白黒とかサイレントとかほんとに関係ない、みてほしい

バベルの塔の回想(?)シーンと、ロボットマリアが上流階層の男たちの前でダンスするところがマイベスト、そしてポスターは5000点満点
イトウ

イトウの感想・評価

5.0
なんか毎回同じ版見てる気がする
Haman

Hamanの感想・評価

4.8
もっと綺麗な映像で延々と流していたい。
つまりはBlu-ray欲しい。
映画始まる前に淀川長治がスター・ウォーズをけちょんけちょんに言ってて笑った。
革命が失敗する物語。労働者が決起するシーンなんか最高で、物量にモノ言わせた傑作って感じ。
今見てもレトロなカッコよさがある作品です(^-^)

モノクロ、サイレントでも抵抗なく見れる人向けです。

見易さ★
レトロ感★★★
>|