メトロポリスの作品情報・感想・評価

「メトロポリス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.3
「メトロポリス」
原題「Metropolis」
1929/4/3公開 ドイツ作品 2017-168
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング22位 再鑑賞

「SF映画の原点であり頂点」
90年も前に作られたとは思えないSFイマジネーション、ストーリー展開、テーマ性(資本主義と共産主義の対立)そして美しさ、どれをとっても芸術で素晴らしい作品だと思います。
100年後のディストピアがNYの高速ビルイメージであったり、アンドロイドやテレビ電話が出てきたり。。約90年前、大正15年にこんなイマジネーションができるなんて凄いですよね。
この映画史上一番美しいと言われるアンドロイドはスターウォーズのC3POのモデルになり、マッドサイエンティストのロトワングは、スタンリー・キューブリックの「博士の異常な愛情」の、ストレンジラブ博士のモチーフになっていますね。
多くの作品に影響を与えた本作なくしては後のSF作品は無かったかも知れません。そういう意味でも偉大な芸術作品と呼んでも過言ではないですね!!

フリッツ・ラング監督によって1926年(大正15年)製作、1927年に公開されたモノクロサイレント映画で、ヴァイマル共和政時代に製作されたドイツ映画である。製作時から100年後のディストピア未来都市を描いたこの映画は、以降多数のSF作品に多大な影響を与えSF映画黎明期の傑作とされている。当時の資本主義と共産主義の対立を描いた作品でもある。
み

みの感想・評価

4.5
美しい。100年前にこれを考えるって天才以外のなにものでもない
無声映画の授業受けてるからためになった!
a

aの感想・評価

-
SFというジャンル
2026年の近未来都市では、上層に住む知識指導者と、地下に住む労働階級で棲み分けされた階級社会だった。労働階級でのある娘マリアが、労働階級層に世の中の矛盾をあおるのを目撃した知識指導者のトップは、マリアのコピーロボットを作り、労働階級を先導することを目論む。
1927年に制作されたものでありながら、ロボットが出来る過程の”電気”のような表現が面白い。そしてロボットのマリアが労働者を先導する時の身振り手振りの演技は狂気じみていて凄まじい。ロボットはスターウォーズのC3POに、ロボットマリアは『サンセット大通り』に影響を。
のん

のんの感想・評価

4.0

なかなか借りられ無くて、仕方なくDVD買ったんだけど結果良かった。

フリッツ・ラングのアメリカ時代の作品から最後に今作鑑賞になったけど、期待裏切らないって凄い。「名作・傑作」の呼び声に構えて観た自分がバカみたい。

アンドロイド役の人だけじゃなくて“その他大勢”の役者さんたちもリアルでびっくり。動きも凄いの。

-1.0は、単に自分がどの程度楽しめたか…です。
紗也

紗也の感想・評価

4.0
機械仕掛けの街の、地上の富裕層と地下の労働者層の衝突の切っ掛けから顛末までを描いたディストピアSF。テーマに対する回答がすごく誠実で、美術も含め、時代を越えて通用する骨太な魅力に溢れてる。今触れている色んなエンタメの原点を感じた。ドイツ映画黄金期というものに触れて来なかったけど、その力を見せられた感じ。台詞を現代の映画のようにぶち込めない中で、色んな事を映像で伝えようとしているので、とにかく目が離せない。実に濃ゆい83分だった。淀川長治の解説も可愛くてお得。
マ

マの感想・評価

4.2
美術面で語られる事がやっぱり多いんだろうけど、それももちろんすごかったけど、群衆が反乱を起こしてからのアクションの連鎖には息をのんだ。
ぱいじ

ぱいじの感想・評価

4.4
SF✖️階級闘争✖️聖書=メトロポリス。これだけですごいと分かる。

レビューとしてどうかとは思うが、素晴らしい点は散々他でも挙げられており、本当にその通りなので、割愛。

1つだけ難点を言えば、支配者と科学者がかつての恋敵であったことは少なくとも90分版では分からず、従って科学者の背信という事情がまるで伝わって来ない。結果、支配者がアンドロイドを作った理由が分かりづらい。思い返せば支配者は「信頼を崩せ」としか言っていなかったが、科学者がそれに従わないという描写がないため、支配者の目的と科学者の目的が異なることが伝わらず、「何故、科学者はわざわざ自滅行為に手をつけたのか?」という疑問が頭から離れなかった。科学者と支配者の静かな敵対関係って、科学者の睨むような目つき以外で説明されていた?私が見落としただけ?

この映画の感想を表現できる適切な言葉が探せない…探せたとして、言うことに意味はあるのか考えたときに、そうでもない気がしてくる。

唯一覚えてるのは、途中からMADMAX fury roadを観た時に感じた感覚的な興奮がブワーーーーーって押し寄せてきたこと
>|