メトロポリスの作品情報・感想・評価

「メトロポリス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.3
「メトロポリス」
原題「Metropolis」
1929/4/3公開 ドイツ作品 2017-168
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング22位 再鑑賞

「SF映画の原点であり頂点」
90年も前に作られたとは思えないSFイマジネーション、ストーリー展開、テーマ性(資本主義と共産主義の対立)そして美しさ、どれをとっても芸術で素晴らしい作品だと思います。
100年後のディストピアがNYの高速ビルイメージであったり、アンドロイドやテレビ電話が出てきたり。。約90年前、大正15年にこんなイマジネーションができるなんて凄いですよね。
この映画史上一番美しいと言われるアンドロイドはスターウォーズのC3POのモデルになり、マッドサイエンティストのロトワングは、スタンリー・キューブリックの「博士の異常な愛情」の、ストレンジラブ博士のモチーフになっていますね。
多くの作品に影響を与えた本作なくしては後のSF作品は無かったかも知れません。そういう意味でも偉大な芸術作品と呼んでも過言ではないですね!!

フリッツ・ラング監督によって1926年(大正15年)製作、1927年に公開されたモノクロサイレント映画で、ヴァイマル共和政時代に製作されたドイツ映画である。製作時から100年後のディストピア未来都市を描いたこの映画は、以降多数のSF作品に多大な影響を与えSF映画黎明期の傑作とされている。当時の資本主義と共産主義の対立を描いた作品でもある。
本当に1927年の映画なのかと思うくらいSFイメージが素晴らしい! とくに未来都市と女性型アンドロイドのセンスは抜きんでている(ただし、アンドロイドはほとんど動かない。当時の技術ではあのデザインで動き回る着ぐるみを作るのは無理?)。
またそれを具現化した数々の映像が素晴らしい。wikiによると「主演俳優の他に端役は750人、エキストラの男性は25,000人、女性11,000人、子供750人、黒人100人、中国人25人、支払った報酬は当時の金額で160万マルクである。また、衣装代が200万マルク、靴3500足、カツラ75個、特注の自動車50台、映画の為に使ったフィルムは62万メートル」だそうだ。膨大な金と人を使っただけあって見応え充分。マリアの姿をアンドロイドにコピーするシーンは当時としては一番の見どころと言ってもいいだろう。

ヒロイン、ブリギッテ・ヘルムのマリアと偽マリアの演じ分けも面白い。左目を細め、嬉々とした顔で労働者たちを煽動していく偽マリアはノリノリでひたすら痛快だ。

脚本も「脳と手の媒介者は、心でなくてはならない」のセリフに象徴されるように、階級社会に虐げられる労働者たちの苦悩と解放を見事に描き切っている。あらゆる面で後の多くの映画に影響を与えた傑作SF映画だ(でも長いので3.8点)。
今でも通じるところが色々あって分かりやすい
タメになった
ゆこ

ゆこの感想・評価

3.4
圧倒的な人海戦術!
夢とロマンが目一杯詰め込まれてて、THE SF映画感が気持ち良い
ストーリーは現代の私達から見れば凡庸だが、それだけ他作品に影響を与え使い古されてきた初期SF映画の傑作の貫禄ともいうべきか

OPのタイトルバックが超かっこいい
支配的権力者のフェーダーセンがバリバリのゲルマン系で痺れる
No.30[ボンボンが階級闘争に目覚める、ハルボウ時代のフリッツ・ラング] 89点

紀伊國屋CEのラングは全部見たと勘違いしていたが、BDで所持している本作品を忘れていた。"2008年にアルゼンチンで発見された完全版"という謳い文句からサイレント映画好きを最高に踊らせてくる本作品は、ハルボウ時代のラングの中で最も有名だと思う。

本作品でもいつも通りセットや効果(心臓機械、上層部の街並み、クローン製造風景など)がギラついていて、思わず"あぁハルボウ時代"と呟いてしまうほどイカしてた。個人的にはクライン=ロッゲありきの「ドクトル・マブゼ」やクソ長いゲルマン伝説「ニーベルンゲン」の方が好きだが、本作品も非常に楽しめた。特にロートヴァングがマリアを洞窟で追いかけ回すシーンの光の使い方は狂ってる。

ただ、物語が"階級闘争に目覚めるボンボン"という超"赤い"話だから、ハルボウの頭も壊れ始めてたのかと心配になってくる。エイゼンシュテインでも見ちゃったんだろうか。いや、これを残して「ニーベルンゲン」とか「月世界の女」とか先に見てる私のほうが心配だわ。
しゅう

しゅうの感想・評価

3.7
「フリッツ・ラング監督特集」にて無声白黒字幕版を鑑賞。

一本立て興行になって初めてのシネマヴェーラ。30分前に着くと既に階段に長蛇の列で、入りきれないのではと少々焦った。

今回は148分の復元版という事だが、正直前半は非常に冗長。

無声映画故の説明的な繰り返し表現が必要なのは分かるが、トーキー時代のラング映画の素晴らしい切れ味を知っているだけに、若しかしたら(未見の)四分の一ぶった切ったという編集版の方が映画としては面白いんじゃないかなどと思ったり。

だが、その分アンドロイドマリアが登場してからの怒濤の展開には大いに満足させられた。

そもそも無声映画に於いては、淑やかな聖女マリアよりも全身を狂躁的に躍らせて上流階級を煽情し、地下労働者達を煽動するアンドロイドマリアの方がずっと魅力的なのは自明の理。

ラングお得意の群集心理で狂奔した人々がアンドロイドマリアを火刑に処するリンチシーンや、大量の水を使ったディザスタームービーとしてのスペクタクルも見事。
はい

はいの感想・評価

-
やば!!!カルピス原液
やっぱスクリーンで観るのいいわぁ。
終末の日は近い。
「世界から猫が消えたなら」で佐藤健と宮﨑あおいが偶然出会うきっかけになった映画。これで観てみたいとずっと思ってた。

今朝はお盆期間でも通勤電車が空いていて、毎日こんなんだったらいいのにと考えたが、一方でこれでは経済が成り立たない?ってどうよ!とも思った。

こんな過密地帯に好むと好まざると人が集まってくる。そしてそこでは富裕層と貧困層はますます二極化されていっている。

そんなことを思っていた日にちょうどいいタイミングで観ることができた!「メトロポリス」。
>|