メトロポリスの作品情報・感想・評価

「メトロポリス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.3
「メトロポリス」
原題「Metropolis」
1929/4/3公開 ドイツ作品 2017-168
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング22位 再鑑賞

「SF映画の原点であり頂点」
90年も前に作られたとは思えないSFイマジネーション、ストーリー展開、テーマ性(資本主義と共産主義の対立)そして美しさ、どれをとっても芸術で素晴らしい作品だと思います。
100年後のディストピアがNYの高速ビルイメージであったり、アンドロイドやテレビ電話が出てきたり。。約90年前、大正15年にこんなイマジネーションができるなんて凄いですよね。
この映画史上一番美しいと言われるアンドロイドはスターウォーズのC3POのモデルになり、マッドサイエンティストのロトワングは、スタンリー・キューブリックの「博士の異常な愛情」の、ストレンジラブ博士のモチーフになっていますね。
多くの作品に影響を与えた本作なくしては後のSF作品は無かったかも知れません。そういう意味でも偉大な芸術作品と呼んでも過言ではないですね!!

フリッツ・ラング監督によって1926年(大正15年)製作、1927年に公開されたモノクロサイレント映画で、ヴァイマル共和政時代に製作されたドイツ映画である。製作時から100年後のディストピア未来都市を描いたこの映画は、以降多数のSF作品に多大な影響を与えSF映画黎明期の傑作とされている。当時の資本主義と共産主義の対立を描いた作品でもある。
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

4.2
世界一美しい映画。

完全版ブルーレイ再販しておくれ。
クレミ

クレミの感想・評価

4.7
VIP先生って『メトロポリス』のワンシーンだったんだ。知らんかった。

めっちゃくちゃ面白い。
地上に暮らす富裕支配者層と、地下に暮らす労働者層の階級闘争。その間に入るのは支配者の息子フレーダーと労働者の娘マリア。まず2人の名前からしてね。
支配される労働者たちが反乱を起こす話かとおもいきや、後半からは「扇動される民衆」のようなテーマにシフト。大混乱の展開からは人間の愚かしさを感じずにはいられない。

反乱を起こしたところで、結局自分たちの仕事と住居を失うのは労働者たちの方。学ぶべきことを知らなければ結局自分の首を締めることになる、というのは今の時代の民衆にこそ刺さる教訓な気がします。政治、労働、機械、AI…今の時代をも皮肉ってしまうフリッツラングの先見の明には脱帽。

建築家志望だったフリッツラングらしい、圧巻の都市構造と完璧な映像美に酔いしれる。
R

Rの感想・評価

-
1920年代に生きる人間が表現した2020年代
ほぼ1世紀を超える渾身のSF大作
当時の条件と映画史の意義など考えるといろいろとすごい映画
shink

shinkの感想・評価

4.8
画の構図が良い
面白い

手塚治虫の大都市、結構そのまま持ってきてたりする笑
大友克洋のアニメ版メトロポリスも街並みがそのままだ(゚O゚)
ageless505

ageless505の感想・評価

5.0
モノクロ+無声映画であることが何らマイナスにならないフリッツ・ラングの映像美学に満ちた傑作SF。
SFと呼ぶ場合の”サイエンス”は概ね自然科学を指すけど、『メトロポリス』では集団心理や階級差の問題など人文科学・社会科学的な意味合いも色濃い。
その意味でサイエンス・フィクションとしてのテーマの深さが傑出していて、文明の平和的な進歩には<頭(資本家=権力者)>と<手(労働者)>を結ぶ<心(調停者)>が不可欠、というメッセージが繰り返される。

人間とアンドロイドの二役を演じるブリギッテ・ヘルムの顔力は必見。

フリッツ・ラングが本作イマジネーションを<ニューヨーク>の摩天楼から得たのと同じく歓楽街イメージとして<吉原>も登場するのがおもしろい、ほぼ謎のパワースポット。

余談ですが、QUEENが”Radio Ga Ga”のPVで本作の映像をとても効果的に援用しているので、いつのまにか本作を目にしてる向きも多いハズ。アンドロイド・マリアの顔がディゾルブしてフレディー・マーキュリーに変化するシーンの不気味さが凄い。
あのアンドロイドってこれに出てくるのねー!1920年代の作品にしてはめっちゃくちゃ画期的だと思った
Back to the Futureの博士はこれを参考にしてるのかなぁ
SF映画の原点とも評される当作品。白黒無声映画である。今観ても、映像技術などではもちろん劣るが、遜色ない素晴らしい出来である。今から90年以上も前に作られたものだとは思えない。労働者たちが同じ動きでうつむきながら、群衆がうねるように動く様は恐ろしく、この作品がドイツで作られたものだということも考慮すると、いっそう笑えない。
>|