貞子の作品情報・感想・評価

「貞子」に投稿された感想・評価

ストーリーはよく分からなかった。4DXだったからめちゃめちゃ怖かったけど2Dだったらそうでもないと思う。驚かせる系の怖さだった。とにかく4DX凄かった楽しかったー!!!また4DX行きたい!!
弟の名前がかずまだったせいで弟出てくるシーン笑って全然集中出来なかった。
あとエライザ風疹は残念だった。
観るに耐えないとはこの事です
正統な続編
怖さは全くない
記憶に残らないであろう映画
のぼる

のぼるの感想・評価

2.0
貞子3Dよりはマシです。
ニーナ

ニーナの感想・評価

2.7
貞子髪切った?
前の髪の毛の方が好きだったな。

リング2の続編って知らなかった!だとしてもクオリティの低さだよ。
YouTube的なのに貞子入れたら怖さなくなるかと思ったら意外とゾッとした
あと最後のシーンは地味に怖かった。
でもあの女の子結局何のキーパーソンか分からないし、貞子の真実知ってから無理矢理エンディングに持っていって終わらせようとするのは良くない。
急に震えだしても繋げ方がヘタクソすぎて主人公何があったってならないもん。

もっと貞子を井戸からだして
全体的に面白くなく残念…
kira

kiraの感想・評価

2.0
あれっ⁇

「貞子」って、こんな感じでしたかねぇ😅

ちょっと、物足りなく感じました。
まさかの「リング2」から20年ぶりの正統な続編。
本来の正史は「らせん」だったが、下剋上してしまった模様。

「リング」「リング2」で山村 敬がわずかに語った貞子の出生に焦点が当てられ、掘り返した模様。

先に良いところ。
佐藤仁美が初代「リング」との橋渡し役として機能している。
「リング2」から引用された回想のシークエンスと娯楽室のテレビのくだりはシリーズファンとしては嬉しい限り。
大島へ出向する船上や海岸のローケーションは初代「リング」のくだんのシーンの引用であり、ここもまたニヤリと出来る。
スコアの2点はこの部分の評価。

「リング」は原作が横溝正史賞に応募しているようなミステリー的な要素が大きいホラーであり、物語の構成はロジカルで”謎が解けるにつれて恐怖も増す”ところが最大の魅力であったと思う。
にもかかわらずこの作品は必然性のない謎設定が多すぎて草も生えない。

貞子の出現にはビデオテープというトリガーがあったはずなのにそういったものもなく、とりあえず出てくるというのはシリーズ的にどうなんだ。笑(百歩譲って倉橋雅美の前に出現するのは分かるが。)
もはや山村貞子というよりただの浮遊霊化しており、同じ監督が撮ったとは思えない。
昔「ガキの使いやあらへんで!」の肝試し企画でヘイポーが落ち武者の格好をしながら「貞子ぉ~」と言って迫っていたのと同じ粗さを感じた。笑

よくわからない貞子の生まれ変わり設定よりも”ともさかりえ”の存在そのものにビビる。謎キャスティングすぎる。
大島へ行く流れもやっつけすぎるだろと言わずにはいられない。笑

そもそも論になるが、主人公を含めた登場人物になんの必要性を感じないのがあまりにもという感じ。
倉橋雅美を唯一の生き残りとしているが、「リング2」を正史としているなら高野舞と陽一は生きているはずだしこのどっちかが主人公でよかった。
「リング」って因縁の話なんだから。

身近な媒体がVHSからストリーミングへと変化しているのは時代的に当然だと思うが、個人の配信を観ることのない俺にとってはリアリティを感じないあたり、完全にティーン向け。

「貞子3D」や「貞子VS伽椰子」なる怪作と比べれば凡作の粋であると思うが、貴重な人生の1.5時間を使い観るほどの映画でもない。

このレビューはネタバレを含みます

マイメンのピンチに駆けつける貞子めっちゃBFF~。待ち受け女子だった貞子が友達のために体張ったり、YouTubeで大規模オフ会募集したり、弟系イケメンとシェアハウスしたり、リングからの軌跡を思うとその変化ぶりが感慨深いよね。

貞子の常にコミュニケーションツールをアップデートしてくとことかは、見習っていきたいって思ってる。そろそろ位置情報共有系アプリかソシャゲがくるのかなぁ。いるはずのない呪いのアカウントと相互フォローになると死んじゃうんだって…。
John

Johnの感想・評価

2.2
何故作った。の一言
本当にあのリングを作った中田監督が作りました?

貞子の呪いのルールもお決まりも完全に無視。テレビから出てくるところ以外全部無視。貞子の存在感が無い。
かといって新しい要素を入れて新しい展開で楽しませてくれるわけでもなくすべてがチープ。
ホラーの醍醐味、バディを組み謎を解いていく展開もほとんどない。
一番残念なのは、ホラー映画なのに怖いシーンが1つもない。
そして貞子は物理攻撃し過ぎじゃないか。

ただリングの生き残りの佐藤仁美を出したこと、佐藤仁美のサイコパス感、マンションに侵入するシーンは良かった。
佐藤仁美が一番怖かった。

何より最後の最後、あれ誰。
あれを貞子と言ったら許さないよ。

ホラーが苦手、慣れてない。という方の入門編としてはいいかもしれない
>|