サラ

窮鼠はチーズの夢を見るのサラのレビュー・感想・評価

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)
3.8
この映画の感想を言語化するのに時間がかかったんだけど、とにかく言いたいのは成田凌の演技力の高さ。それを観に行ったレベルだけど、予告の大倉の演技ちょっとなぁ、、なんで大倉なんだよ〜〜とずっと言ってたことを謝罪したい、大倉の既婚者、ダメ男、体型っぷり。めっちゃ体張るな?!と驚かされた。成田凌についてはもう言うことなしの目線の使い方、ねっとりした態度、大倉にすがるシーンのところ大好き。大倉の「いらない」っていう言葉には観てるこちらが傷ついてしまった………

日本の映画シーンでこのくらい繊細で凝ってるのあんまり見ない気がする。いろんな人のレビュー見て思ったけど部屋のインテリアとか細部まで凝っててよかった

大倉目当てで行ったひと生きてる?