はせまる

窮鼠はチーズの夢を見るのはせまるのレビュー・感想・評価

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)
3.5
久々の映画。映画はやっぱり夜がいい。
愛がなんだの成田凌を思い出した。それとは違う成田凌だけど、これが成田凌だなって感じ。
中盤の展開が色々あって色々な結末を予想したけどどちらでもない結末でした。二人ともこれ以上人を傷つけないことをきっと選んだんだと思うけど本当に望み通りにならなくて、そこに人生のもどかしさを感じました。
濃ゆかった。

それにしてもどうして決まって大雨のシーンで外からの明かりが彼らを照らすのだろうか。