まい

窮鼠はチーズの夢を見るのまいのネタバレレビュー・内容・結末

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます


一度目に別れたあとのシーンがすきすぎて苦しすぎてすきすぎる
たまきが、今ヶ瀬が勝手に着た先輩の寝巻きを着て、部屋のあちこちに触れるたびに、あの椅子に座ったとき、ああ侵されていく…………と思って死ぬ程苦しかった
「そんなのなくても忘れるわけないのにな」が狂おしいほどに切なくて愛おしくて泣いちゃった
あのシーンの大倉くん、儚くて消え入りそうで一番美しかったと思う

ワインもらったシーン、完全に私も今ヶ瀬と同じ気持ちだったと思う。嬉しさと軽率にそんなことを言う腹立たしさで感情ごちゃまぜだった。


あんなコンクリート打ちっぱなしの拘りの部屋に住んでて、コンテンポラリーを勧める男がワインに詳しくないのもあんなにも流されやすいのもピンとこなかったのとスーツに白スニーカーがあり得なすぎてそれが!!!!!ずっと気になっちゃったな!!!!!

大伴先輩と今ヶ瀬のラストシーンの対比を見ていると、また戻って、離れて、戻ってを繰り返して、たぶん2人の関係性というか立ち位置は変わらないんだろうな〜と思う、それもそれでいいでしょ