かえる

窮鼠はチーズの夢を見るのかえるのネタバレレビュー・内容・結末

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

ざわざわして、もやもやした、きゅんとして、切なくて。

『愛がなんだ』を観たときと似ているようでちょっと違う感覚。
『愛がなんだ』は、まったく結ばれる気配がなくてざわざわして、結ばれても上手くいかないことがたくさんありすぎてもやもやした今回。

前半は、人間ってクズだなー自己中だなー男も女も最悪だなと思って、ちょっといらいらして、ポップコーンの手が止まらなかった。
後半は、好きな人が近くにいるのに、自分のほうを向いてくれているのに、それが続くことを信じられない感覚に共感できすぎて、ただただ切なかった。
(+濡れ場が想像以上に多くて圧倒された…)

【心に残ったセリフ】

・好きになりすぎると、自分の形が変わってしまって壊れてしまう

・心底惚れるって、すべてにおいてその人だけが例外になっちゃうっていうこと

・苦しそうだった、早く別れてあげればよかった

・家に上がり込んで、コトコト煮込み料理をつくるような女