う

窮鼠はチーズの夢を見るのうのネタバレレビュー・内容・結末

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

原作からカットされたシーンとか、登場人物のキャラの濃さとか、ほないこかの棒読み具合とかツッコミどころは多々あるが、それらを帳消しにさせる大倉忠義の存在感や成田凌の表情がこの映画の全てであり、この二人が「画で魅せる」ことの究極を体現していた。現実味のあるラストは原作より好みだし、全てを踏襲せず映画ならではの要素を加えた点はリバーズエッジの頃より学ばれてるなと(誰目線)。人生結局惚れたもん負けということで、同族代表として今ヶ瀬くんに心からエールを送ります。