窮鼠はチーズの夢を見るの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

上映館(114館)

「窮鼠はチーズの夢を見る」に投稿された感想・評価

いまみ

いまみの感想・評価

3.5
お尻ファンは必見。
わたしは別にどちらの俳優のファンでもなく。原作も読みましたが強いファンでもなく。
大伴くんのファンの子に連れられみましたが男の人のお尻は直接見るよりもスーツのお尻の方が好きかもしれないです、、、
何を言ってもネタバレになってしまいますがあっこれはまさかゲスの極み!となるのも良かったです。原作でもテンポよく進む大伴さんを取り巻く男女の口喧嘩が最高でした。
あと物もらって抱きしめてよろこぶ成田くんのかわいさ。すき。
chihiro

chihiroの感想・評価

3.7
痛くて苦しい…
今ヶ瀬の苦しくて辛くて壊れそうで
だけど幸せそうで…ただただ辛い
音などが結構リアルに再現されていたので少し恥ずかしくなる部分がありました。でも、男性同士の恋愛をとても素敵に綺麗に表現されていたため見入ってしまいました。成田さんと大倉さんの美しさが滲み出ていたのでボーイズラブ好きの方は絶対に見ていただきたい作品です。また、たまきちゃんがしっかり可愛い。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

3.5
人間関係めんどくさいよ。こんなに人と人が近いのは俺はやっぱ無理だな。隔たっていたい。そういう意味では、結局誰とでもどこか心の距離がある大伴に共感できた。

成田凌が演じてた一途だけどストーカー気質の男本当に無理だった。正直1番苦手なタイプ。それでも成田凌が魅力的に演じてくれて、少しは寄り添いたくなった。世の中には彼みたいに誰かに強く依存してしまう人もいるってことは受け入れなければいけないんだなと。まあ、特別誰かに依存されたことないし、これからもない気がするけど。

ゲス極のドラマーのひと、演技よかった。

SEX描写が、AVですか???っていうくらい露骨で焦った。男と男のSEXしている様子をまざまざと見せられて、どんなにロマンチックなシチュエーションだろうと不快とさえ思ってしまう自分がいた。性的マイノリティに関する理解に関してだけど、生理的に無理と感じてしまう不快感はやっぱりあったろうし、これに関しては必ずしもすぐ克服しなきゃいけないものでもない気はする。

それにしても観客の9割がた若い女の子だったからびびったよね。
成田くんの表情が、子犬すぎてずっと可愛かった
大倉くんが流され体質すぎて、お前ーー!!!!ってずっとなっていた

成田くん幸せになってくれ
rio

rioの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

期待しすぎた、、、
成田凌と大倉くんがBL頑張ったことくらいしか評価できん、長いし
しかも成田凌めちゃくちゃ演技上手いのに大倉くんが棒演技すぎる、成田凌が可哀想

車で朝日見に行くシーン綺麗やけどありがち
前半爆笑すぎてずっと笑い堪えるの必死やった
名前忘れたけど昔同期やった女めちゃめちゃゲイに偏見ありすぎてもはやギャグやった、
大倉くんの部屋いいな〜って思いよったけど家賃高いんやろーな、

あと全然関係ないけど、大倉くんの奥さんが最初買い物でこれにするー!ていったワンピース全く同じやつ持ってて、地元のセレクトショップで5年くらい前に買ったやつやったけん、え!?てなった
Mmpon

Mmponの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

予想の数百倍良かった。

主人公二人の仕草の研究がすごい。
役作りに尊敬する。

それから制作の人をとてつもなく尊敬する。インテリアから衣裳から、男の人の一人暮らし、いや二人暮し、それも恋愛感情を持つ二人を良くわかりすぎてる。制作に絶対猛者がいる。

一番好きな台詞は
「食べたんでしょ」
「あぁ、食べたよ」

二人の距離感、価値観、全部を表した台詞。

見せるところ、あえて見せないところの取捨選択が異常に上手い映画だった。

書ききれない…
Maqui

Maquiの感想・評価

3.8
感情の動きを表情や目線でとてもよく表現していたし
行間を読ませる部分が多い中で印象的なセリフが出てきてドキッとした
大人になってわかる恋愛映画という感じで、性格がよくて顔がきれいなら好きになれるわけでも、好きで好きでしょうがない人と結ばれれば幸せになれるわけでもないというのはわかるなあ
大倉くんはメンヘラ製造機だった

ただ後半でやっと相手を突き放す思いやりを持てたのに次ではこうなっていたのかよくわからなかった。原作読めばわかるのかな

部屋がおしゃれでセンスいい
冒頭、大倉くん演じるスーツ姿の大伴が自転車漕いでるそのケツのアップから始まる辺り、日活のロマンポルノ・リブート・プロジェクトにも参加してた行定らしい「エロ」表現だなと思う。
このケツのアップは月刊シナリオに掲載された脚本に指定があった訳でないので、監督のアイデアだろうなぁ。
今ヶ瀬の言動が猫っぽいなぁと気付くと、キャットタワーにも見えるスツールにしゃがむカットが多くますます猫っぽい。
今ヶ瀬のパンツがゲイ人気高いメーカーのそれだったりと、ただBLを作るのでなくリアルにも寄り添う姿勢が、あぁこんな2人いるだろうなぁと思わせる上手さ。

(TOHOシネマズ新宿では、IMAXスクリーンで上映してて張られたスクリーン目一杯の画角で本作としては堪能したのだけど、デジタルIMAXが小さいと言われる理由が体感出来たのもよい経験。)
jlnmnt

jlnmntの感想・評価

3.8
心にモヤモヤが残って終わっても椅子から立てなかったなかった。成田くんの大倉くんを見つめる瞳が恋してる人そのもので可愛かったな。大倉くんの役、村上春樹の主人公みがある