kazuuu

フォードvsフェラーリのkazuuuのレビュー・感想・評価

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)
3.8
ルマン24時間耐久レースで、打倒フェラーリに燃えるフォード。フォードに雇われたカーデザイナーのシェルビーとドライバーのマイルズは、最速の車を作り、フェラーリに勝つことができるのか?実話をもとにした車×人間ドラマ映画です。

正直、ラストのレース本番までは眠かったです。その理由は、フェラーリとの闘いよりも、フォード上層部との対立がメインであり、動きの少ない場面が続いたからです。
シェルビーとマイルズは、一匹狼気質であり、上層部にも食って掛かります。彼らを気に入らない一部の人々は、彼らを排除しようとするのです。出る杭は打つ日本社会のようですね。古き(よき?)日本のメーカーで働く私は、なんだか休日まで会社にいるかのように感じました。逆にいうと、それだけリアルに当時の苦労を描いているのでしょう。

上記の通り、終盤まではあまり楽しめませんでしたが、レースが始まってからは興奮しっぱなしでした。爆音のレーシングカーの音は映画館でこその楽しみですね。

そして個人的に好きなのはレース後の二人の会話です。ネタバレになるので言えませんが、人生をかけてやりたいことをしているからこその会話だったと思います。

主演のマットデイモン・クリスチャンベイルの熱演も光る、秀作でした。