フォードvsフェラーリの作品情報・感想・評価・動画配信

フォードvsフェラーリ2019年製作の映画)

Ford v. Ferrari

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:153分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「フォードvsフェラーリ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

映画館で観た、初めて行ったTOHOシネマズ上野〜、座席はよし〜、待合スペースはだめ〜笑。はい、またまた当たり、まあ予告の段階でいい、長いわりに疾走感あるからダレない、とにかくスピードの描写をたっぷりくれるから!これやって!レース映画に求めているのは!余計なミニエピソードはちょっとでええねん!しかし、ヨーロッパに馬鹿にされるお金持ちアメリカって構図が見えてまた面白い、まあ最後は金と気合いや笑、ル・マンって運の要素も強いよなあ、これフェラーリが事故らなかったらどうなってか、まあそれでもフォードの車は十分に早い、最後1位を取れなかったのは見ていて辛いが、本当にクルマが好きなんだなあって。素人にもああ、昔のクルマっていいなって、あとね、やっぱりあの年代の描写、特にアメリカ!めっちゃいい!レストランの描写とか大好き、あとね、社長が思わず嗚咽してしまうシーンめっちゃ好きですわ、不覚にも泣きそうになった
ぽち

ぽちの感想・評価

3.5
CGに頼らない迫力のレースシーンが素晴らしく、それだけでも一見の価値がある作品。

ストーリーはあくまで「実話ベースのドラマ」で、例えばドラマ的にカタルシスを上げている1965年のレース不参加はフィクション。実際にはケンとブルース・マクラーレンのコンビで出場しリタイアしている。

でも、66年のレースでの出来事はほぼ実話で、優勝を逃している。

ドラマ部分も2人の友情や企業とのイライラする摩擦など、上手く話を盛り上げていて楽しめた。

それにしても数人の人間が究極のスポーツカーを制作できた時代と言うのは魅力的だ。今では複雑化しすぎてとてもじゃないが数人の頭脳で作り出せるものではない。

メーカーイメージが大切だと言うことも良く分かる。今でも芸術品と呼べるフェラーリは誰でも憧れるだろう。
「大衆車フォード」を返上したかったようだが、良く考えると日本車ってこのまだ数ランク下の格安で丈夫で誰でも買える「道具」としてのイメージなんだろうな・・・

ラストシーンまでキッチリ魅せてくれる、モーターファン以外の人にも薦めたい作品。
大昔に。
誰と誰が何で争ってるのか分からなくて気がついたら終わってた。汗
seriFil

seriFilの感想・評価

3.9
クリスチャンベイル、今一番好きかも。この感じ他にはいないよね。
Seiiching

Seiichingの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

勝って汚名を着るFord。
ケンと家族がたまらない。
nao

naoの感想・評価

3.9
7000+→OhYear このシーン、ちょっと鳥肌立った。いい映画でした。
Satchern

Satchernの感想・評価

4.0
むしろvsフォード!
よかったあ!!
2時間半くらいあるから、飽きるかと思ったけど全然そんなことなかった!!
話は単純でわかりやすいから、めちゃくちゃ観やすいし、とにかく熱いね!!
あんまこういう映画観ないからめちゃくちゃ楽しかった!!
宇宙

宇宙の感想・評価

4.1
それこそカーズぐらいの経験しかなく車やレースについて知識なかったけど、かっこいい!と素直に思えた。エンジン音も綺麗な音で心地よかった。
美しいスポーツカーがどんどん出てくるし、音響も映像も素晴らしく、
ふたりの友情、それぞれの社長やピットクルーの皆さん、家族、みんな愛嬌がある良いキャラクターで全体的に質が高いイメージだった。
息子くんと夕暮れ時に語らうシーンはなんだか切なくて胸がしめつけられた。
フェラーリのおじさんやなやつ
>|