フォードvsフェラーリの作品情報・感想・評価・動画配信

フォードvsフェラーリ2019年製作の映画)

Ford v. Ferrari

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:153分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「フォードvsフェラーリ」に投稿された感想・評価

後半の展開が良すぎた、、これは映画館で観るべきだったなと後悔、ちょっかい出すシェルビー好き笑
シェルビーアメリカンマイルズGT40、7000rpmの世界!!ル・マンを制覇した唯一の米国車。最初の1周、3分半、、、24時間の!!痺れた~、どストライク!!クリスチャン・ベイル、マット・デイモン、抜群の組み合わせ。絶対王者フェラーリに挑む、熱き漢達のスポ根ドラマだが、実は身内(副社長)が敵(商売)なんて。デイトナ、ル・マンとカーレースの醍醐味満載、、、ワイスピのカーアクションもいいけど、モータースポーツの熱を帯びた真剣勝負に酔っていたことを思い出さしていただきました。マイルズの息子役ノア・ジュプもすごく印象に残るなあと思ったら、「クワイエットプレイス」とかでてましたね。今度も楽しみ。これは、また観たくなる、再鑑賞にたえる太鼓判でした。IMAXで観逃したことを大後悔。
1960年代のル・マンで無敵を誇っていたフェラーリに、フォードが挑んで行く実話ベースの作品である。
この時代に生きた様々な男達の人生の葛藤が描かれると共に、デイトナ、ル・マンでのカーレースシーンは圧巻である。
ケン・マイルズ、ヘンリー・フォード、エンツォ・フェラーリの3者のキャスティングが激似で非常に面白い。
迫力ありました。
サワノ

サワノの感想・評価

3.9
やっぱ車ってカッコイイねぇ! !

マイルズが切ない。。
それでもまず車を第一に考える彼に惹かれる
あんなにとことん熱くなれるのはすごいし羨ましい

やっぱ上には現場を知ってもらいたいね
MIZUKI

MIZUKIの感想・評価

5.0
車を見ること、車のエンジン音、車に乗ることが好きな人に最高な映画。

ずっとワクワクしながら見てた。

ストーリーも良かった。

映画館で観た時の迫力えぐかった。
「6000rpmの世界では重さが消える」
のシーンの無音、浮遊感がたまらない

最大の見所の、終盤の独走シーン。マイルズの目に着目するカメラは、高速かつ静寂の中で何を想っていたか?と吸い込まれるような表現。
友情、親子愛、プライドを賭けた勝負
男臭くアツい一作。
>|