フォードvsフェラーリの作品情報・感想・評価・動画配信

フォードvsフェラーリ2019年製作の映画)

Ford v. Ferrari

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:153分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「フォードvsフェラーリ」に投稿された感想・評価

はじめ

はじめの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

全体的に好きだけど一番良かったとこと二番目によかったとこ。

一番良かったのはクリスチャンベイルがラップ最速を更新して、お前らまだか?ってとこ。
マシンの改良ガチってレース中もなんやかんやありつつ、圧勝だったけど必死だったから、デカイ差がついてることに気づいたのはようやっとしゃーなし待ってるときってのがよかった。
それだけしか言ってないのに、顔面のメッセージ力がエグかった。

二番目は最後のマットデイモンがレンチ持ってくとこ。
マットデイモンがクリスチャンベール亡くなったの鬼クソ引きずってたのに、それに比べてチャリ乗ってる息子の顔が堂々としてたところが良かった。乗り越えた顔がエグかった。
個人的にはコービーが亡くなったこともまた思い出しちゃって悲しかったけど、息子のようにそれ込みでステップアップしていこうかなって思いました。
記録。
クルマに興味が無いので敬遠してたけど、そんな人でも楽しめるであろう作品。何故ならこれは挑む男たちの物語。実話だろうが、多分に脚色されてようがドラマチックなことに間違い無い。

癖の強い偏屈モンのレーサーを演じたクリスチャン・ベールは本作でも素晴らしい。もう彼に演じられない役なんて無いんじゃないかな。

でも作品としては、個人的には世間で言われてるほど素晴らしいとは思わなかったな。
事前の下馬評ではアカデミー作品賞の有力候補として語られてた記憶が薄らあるんだけど、これと「パラサイト」なら迷う事なく後者一択。
北川

北川の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと大雑把に話を飛ばしたり、大げさ気味な演出があったりしたけど、事実とはいえ脚本がとてもよく出来ていて、2時間半全く飽きずに観られた 面白い
観る前はマット・デイモンとクリスチャン・ベイルがそれぞれフォードとフェラーリサイドで戦う話だと思ってた
クリスチャン・ベイルの頑固なイギリス人のキャラクターは最初やり過ぎだろと思ったけど、あながちそうでもなさそうだし良い味だった
デュースを乗せて走って説得してからのデイトナ優勝の流れは最高
ラスト、ル・マン後にすぐに次の改良の話をするところが良かったな
Rui

Ruiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

観やすい作品
車が好きな私にとって、とても楽しめた映画です♪
ル・マンと言えば『フェラーリ』に立ち向かったフォードGT40のお話。どこまで事実なのか調べてないけど、副社長はホントにムカつくヤツだ!

マット・デイモンもいい年齢の役をやっているんだろうけど『グッドウィル・ハンティング』のイメージが強すぎて、年齢不詳に見えるw
ArcherK

ArcherKの感想・評価

4.6
カーアクションものってそんなに好きじゃないんだけど、車の魅力をこれでもかと見せつけられる展開が多く、時代の違いを超えて激アツ。デイトナ戦が特に熱い。
マットデイモンとクリスチャンベールの掛け合いもユーモラスで、実際の展開や人物像にはかなり脚色があるようだけど、人間ドラマを中心に映画としての完成度はかなり高く、カーレース好き以外でも楽しめる。
フォード社が悪どく描かれているけど、フォード社のために始めた事業であって、そもそも膨大な資金を投じており、なんなら世界一速い車自体が手段に過ぎないフォード社にとっては、効果はさておき動機としては真っ当と思う。
それでも、レース後のケンに唯一敬意を表するフェラーリの社長の姿はグッとくる。
ル・マンもフォードも知らず、唯一知っているのはフェラーリだけ。
命懸けでレースするのは理解出来ないけど、物語として映画は凄く面白かったです。
クオン

クオンの感想・評価

3.4
劇場で鑑賞(IMAX)

見応えのあるレースシーンやフォード内での足の引っ張り合い、ル・マンの決着直後の主人公二人など好きなポイントは多いが、どうしても一番最後のアレが蛇足に感じてあんまり好きじゃない
レースで終わってたら評価はもっと高かったと思う
でも劇場で観れて良かった作品
(とくにIMAXで)
よきかな
>|