フォードvsフェラーリの作品情報・感想・評価・動画配信

フォードvsフェラーリ2019年製作の映画)

Ford v. Ferrari

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:153分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「フォードvsフェラーリ」に投稿された感想・評価

Takumi

Takumiの感想・評価

4.0
本当にエンジン音の迫力が凄い。F1、車好きにはたまらないだろうなあ。
経営陣とのバチバチ。フェラーリとの闘い。マイルズとシェルビーの友情と絆。家族。
観れてよかった。
7000rpmの世界に触れることが出来ました👏
男たちの野心、職人技、友情、親子愛を丁寧に織り込んだ王道のストーリー。文句なしに素晴らしい。車の轟音もすごい迫力!
カーアクションをCGなしということで、本当に素晴らしかった。そして60年代のアメリカの服装や車、景色だけでも本当に見る価値があるというか、ずっと見ていたい。本当の勝利とは何か、何のために戦うのかを考えさせられた。
CMA

CMAの感想・評価

4.5
劇場で観たかった作品ですが、コロナのおかげでいつ公開していたのかわからないうちに終了していました。
実話にもとづいたお話なのでやっぱり面白かったです。
フォードがヨーロッパのレースで優勝するお話のアメリカ映画なので、そりゃあフェラーリを悪者にするのもわかりますが、最初フェラーリを買収しようとしていたアメリカ人たち、何か上から目線で不愉快でした。
yukey

yukeyの感想・評価

-
レースで闘う表舞台と会社の意向と闘う裏方が如実に描かれてて面白かった!
車のレースの迫力もたまらんなぁ
メロメ

メロメの感想・評価

4.2
いい映画でした、ちょっと泣けましたね
マットデイモンの出てる映画は日本語吹き替えです
あの綺麗な水色のプラモにはこんなドラマがあったとは当時知る由もなく

そういえばMAZDAも優勝したことありましたよね?←誰に聞いてる。
キリィ

キリィの感想・評価

5.0
エンジン音良い
デイトナの「7000+ GO LIKE HELL」のあたりは鳥肌。
劇場で見てかなりハマったので円盤も買っちゃいました。

このレビューはネタバレを含みます

1960年代、モータースポーツを舞台に絶対王者“イタリアの跳ね馬”ことフェラーリにアメリカのフォードが社運を賭けて立ち向かう、男たちの闘いを描いた伝記的作品。登場人物は多めかも。

前評判が良かったので、あらすじ等の事前知識なしで観賞。
車はまぁまぁ好き。モータースポーツはにわか程度の知識。
総評は、伝記映画としては良く出来ていると思うが、何度も見たいかと聞かれると、そうでは無かった。

へそ曲がりな凄腕レーサーでブルドッグの異名を持つケン・マイルズを演じるクリスチャン・ベイルが、その異名らしく無骨で荒々しく、バットマンを感じさせなくてとても良かった。
終盤の見せ所、ル・マン24時間耐久レースでは初っ端ドアの不具合のくだりから手に汗握る展開でとっても見応えがあった。
カトリーナ・バルフ演じるちょっとヤキモチ妬きの妻モリーも背中を推したり反対したりと忙しい役回りだったが、まぁキュートだったから良いか。

さて、当時の実際の細かいやり取りがどうだったかはさておき、劇中では基本的に変な小細工とか駆け引きよりも、どんなシーンでもひたすらに“野郎共の譲れないプライド”を前面に出して展開して、これが物語の根幹にもなっているので感情移入させられる間口としてスッと引き込まれた。
それだけに、保身だけの背広組ってどんな時代だろうが設定だろうが関係なしにイライラさせられるなぁと思った。
(※実際の副社長はもっと良い人だったらしいが)

個人的にフェラーリに対してストップウォッチとボルトナットのくだりはちょっと蛇足だったかなぁ……いや、もちろん見方によってはモータースポーツではピットクルーの攻防もそれだけ勝敗に影響を及ぼす重要な立場だってことは分かるけど……。

息子ピーターに関しても、いつでも工場に居てやたら博識だし、よほどのサラブレッドだからそう演出しているのかと思いきや、どれだけストーリーが進んでも父親を輝かせるアイテムぐらいにしか描かれてないなと違和感を覚えたのは自分だけだろうか?なんだかとても無機質に映った。せめて学校行くだの、クラッシュを目の当たりにして泣き喚くだのもうちょっとやりようがあったんじゃなかろうか。

こんな風に考えてしまう時点で、好みじゃなかったみたいです。伝記作品だと分かっていてもラストの3台同時フィニッシュや、プライド賭けてる割にがんじがらめが多くてスカッとしないからちょっと残念。
>|