フォードvsフェラーリの作品情報・感想・評価・動画配信

フォードvsフェラーリ2019年製作の映画)

Ford v. Ferrari

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:153分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「フォードvsフェラーリ」に投稿された感想・評価

TommyMt

TommyMtの感想・評価

2.6
車好きにはいい映画かもしれない。
クリスチャンベイルがマシニストの時+5kgくらい痩せてたけど大丈夫かな。
レースシーンの迫力が素晴らしいの一言。

そしてケンとキャロルの関係性が良かった。ひたむきにル・マンに勝つ事に情熱を持って生きる二人の姿は、本当にカッコいい。

久しぶりに何度も鑑賞したくなる映画でした。
スコア記録のみ
Kousuke

Kousukeの感想・評価

4.7
68
マイルズとシェルビーの喧嘩するシーンが好き。男の友情。
7000回転の世界でマイルズは生きてる。
汗の味がオイルの味になる。
そんな映画でした。
HK

HKの感想・評価

4.2
『グラン・プリ』『栄光のル・マン』と続けてカーレース作品を観たところ、タイミングよく未見だった本作もCSで放送されたので併せて鑑賞。
これまた面白い作品でした。さすが作品賞はじめアカデミー賞4部門ノミネート(音響編集賞と編集賞は受賞)。車に興味がない私(タミヤのプラモは戦車と軍艦ばかり作ってましたから)でも153分まったく退屈せずに楽しめました。

しかし、このタイトルのせいで一部のカーマニア向けの映画だと思って敬遠した人も多いようです。もったいないですね。
私も勝手にライバル同士のマット・デイモンとクリスチャン・ベールがレース対決する話だと決めつけ、どっちがフォードでどっちがフェラーリに乗るの?などと思っていました。

本作は実話ベースのストーリー、車の開発やエンジニアからの視点、フォード社とフェラーリ社の関係と体質の違い、上層部VS現場、家族・夫婦・親子目線、ギアチェンジのタイミングなど、先の2作品にはない要素も豊富で、しかもそれらがうまく一体となって幅広い層が楽しめる作品になっていると思います。

主人公の2人をはじめ、その他のキャラも一人ひとりが魅力的に描かれています(フォードの副社長のあの憎たらしさ)。
特殊メイクに依存しないベールの役作りも相変わらずスゴイし、デイモンの安定感もさすが。でもストップウォッチ隠したり、ボルトを転がしたりするのはいけません。

今回カーレース映画を3本立て続けに観ていろいろと勉強になりました。
それぞれ料理の仕方は違いますが、レースシーンはどの作品も迫力満点。
そして、たとえあまり興味が無い世界でも、映画になるとナゼか面白いという映画のマジックをまたまた実感できた作品たちでした。
あり

ありの感想・評価

4.5
デイトナの試合は思わず立ち上がった。
クリスチャンベイルが本当にかっこよくて、これだけでモータースポーツのかっこよさが全て説明されている気がする
激熱。

映画館で見たかった
mochiz

mochizの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

フォードv.フェラーリという大企業メーカーのバトルに見せながら、その実、フォード対中小企業という真実を描いているのが面白かった!
(序盤で、フォードを応援できる気がしないが面白いのか…と心配してしまったが、そんなしょうもない話ではなかった)
そもそも車やカーレースに興味がなくても手に汗握る展開が素晴らしい。
そして、ベールはどうせ凄いんでしょ、と思ったら思った以上に良かったし、ヘンリーフォード2世がGT40に乗って涙するところ、エッツィオ・フェラーリがケンに敬意を示すところなど胸熱な見どころがいっぱい。

知らない世界をこうも素敵に伝えてもらえるってすごい。
映画の醍醐味だと思う。
kariware

kariwareの感想・評価

3.7
心から好きなものに向き合うこととそれのために生きること。
>|