やま

ピアッシングのやまのレビュー・感想・評価

ピアッシング(2018年製作の映画)
3.3
原作がとても面白く、公開日が待ち遠しかった今作。

簡単に言ってしまえば、アンジャッシュのネタのようなすれ違いコントである。原作と違い映画はただのその部分を楽しませる作品に過ぎない形になっていたと思う。

僕の大嫌いで大好きなクローネンバーグを一瞬思い出したりもするが、不快感がつまらなく、物足りない不快感でありとにかく退屈。


原作を読んだ身からすると、冒頭の赤ちゃんのシーンでも微妙。へんな音楽がかかってるせいで、全く緊張感がない。
殺したくないのに、殺したくなる。完璧主義者の変態性という部分がもう少し上手く演出できても良かったと思う。デモは面白かったけど。

男のほうは良しとしても、女の扱いは納得できない。あれでは、ただのサイコパスでしかないように思える。好きな小説だけあって、残念度が非常に高い。なぜタイトルが「ピアッシング」なのか。今作では浅くなりそうだ。
ラストのセリフも全然面白くないしなぁ〜


そもそもミア・ワシコウスカは好きだけど、エロさが全くなくてとにかく残念。
小説を映画にするのは、やはり難しいのだろうなと再確認した作品となりました。人の心を映像化するのは、プロでも難しい。

とにかく微妙な作品であったと思います。
どうしたらここまで微妙になるんだろうなー