DUNE/デューン 砂の惑星の作品情報・感想・評価

DUNE/デューン 砂の惑星2020年製作の映画)

Dune

上映日:2021年10月15日

製作国:

上映時間:155分

あらすじ

「DUNE/デューン 砂の惑星」に投稿された感想・評価

ヴィルヌーヴということで、なにか「新しいイメージ」と出会えるのではないかと期待してしまったが、はたして既視感満載だったので残念。
映像美と臨場感のある劇伴はよかったが、ストーリー展開に抑揚はなく、絵がわりも乏しく、全体的にずっと暗いので単調さは否めない。
3部作構想という話を聞いたので続編に期待。
m

mの感想・評価

3.9
フルサイズで見るとやっぱり迫力がすごい。
この圧倒的スケールと映像美の作品を大画面で、主演ティモシーシャラメで見られることに感激。
続きが楽しみ。
よ

よの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まーこりゃIMAXのバカデカスクリーンで見ることこそに価値がある作品では。画角がグオーンて広がるのはテンション上がりますねぇ。

良いところは、衣装(特に砂中心になるまで)やら音楽(というか音全般)やら映る景色(襲撃うけた街の全体像とか)に注視できたこと。別に特別なストーリー展開してないからかな。特に冒頭15分くらいまでの衣装はゼルダのトワプリみたいでかっこよかった〜

ストーリーはぶっちゃけ薄くて原稿用紙半分に要約できそう(パート1てこともあるやろうし)。まず設定がよー分からん。何家と何家がなぜ戦ってて、皇帝が何者か意味分からんかった。世界史かよ。

○見ながら想起したもの
・ナウシカが乗ってる飛行機みたいやつ(後で調べたらラピュタで出て来るやつやった)
・スターウォーズ(宇宙のシーン)
・地球に落ちてきた男(ざらついた砂漠のシーンあったから)
・ゼルダの伝説夢幻の砂時計の風の島に出てくる敵「モルドワーム」(砂の上走ったら音に反応して襲ってきて、岩場に乗ると攻撃されないって、そのまんまやないか!)
Tomoka

Tomokaの感想・評価

3.9
序章って感じ
世界観がすごいし固有名詞が覚えにくいから難しく感じるけど振り返ってみると意外とわかりやすいストーリーだった

IMAXレーザーGT@グランドシネマサンシャイン
圧巻の映像美、世界観、音楽、それに尽きる。

ビジュアルが好みすぎてもうこれはビジュアル系映画ですよ、サンドワームの造形とかこの最高キャスティングが何よりの証明です。ストーリーはまだまだ序章すぎてなんとも言えんし。

未来が見えるのをいい事に、この後こんな面白そうなことが待ってるよ!気になるでしょう~っていう段階。
規模感とテンポ的にはいい意味でも悪い意味でもロード・オブ・ザ・リングの1作目と一緒です。

とはいえクウィサッツ・ハデラックが何なのか気になる!!ゼンデイヤと一体何が起こるのか気になる!!!って感じなのでpart2はもちろん楽しみですし、この映像のためならいくら訳わからずとも足を運ぶつもりです。

とにかく素晴らしい世界観をありがとうの気持ちと、原作を先に読むかどうするか悩ましい気持ちでいっぱいなわけです。
nkhs163

nkhs163の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

おーー

シャラメかっこよー



やっと展開動き出したわ






ゼンデイヤは、、?



ええ!?!?!?
おわり!?!?
誰

誰の感想・評価

-
わざわざ白人が主人公の必要ある?
男尊女卑が伺えるし色々設定が古臭い
今後の作品でその設定の皮肉が伝わらないとヤバいけど大丈夫そ?
衣装も文化の盗用、ツッコミどころが満載
わざわざ今作る映画がこれでいいのか謎
YukiOtsuka

YukiOtsukaの感想・評価

4.0
ビジュアルとサウンド、最高!IMAXで観られてよかった。ふとしたカットに天才的な構図でフックのあるショットが挟まれる。映像のトーンもよかった。映画史の中から孤立させない、クラシックさ/文脈性を感じさせるトーン。そしてティモシー・シャラメの存在感。

勝手な想像だけど、こうした資本力のある作品に、(尖った)センスのスタッフが参加できていることにハリウッドの懐の深さを感じる。
今作の撮影監督グリーグ・フレイザーは新バットマンもやってるそうで、予告見て納得。楽しみ。ファインダー越しの映像ではなく、頭の中の映像を実現させちゃう感じ。これまでどんな経験をして、頭の中で何が起きているのだろうか。気になる。
SatoshiT

SatoshiTの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

不穏な予知夢を観る主人公。そして彼の一族が次に目指す砂の惑星DUNEで巻き起こる、皇帝の罠、権力抗争、DUNE特有の気候と環境が織りなす危機とスリル!

映画館で観て本当によかった作品!あの広大な世界観に浸れて幸せでした!


灼熱な世界、麻薬、サンドワームなど独特なDUNEの世界観、予知夢から感じるDUNEへのどことない不安、そして始まる乗っ取りと逃亡、容赦ない追走とDUNEの環境の過酷さ、、、長尺を感じさせない、観客を飽きさせない展開でしたね。ただ、さまざまな設定理解のための作品でもあったと思うので、純粋にこれからの展開を楽しめるであろう第二作にめちゃくちゃ期待してます!!これから盛り上がってくるはず!!
乞うご期待という感じで!
>|

あなたにおすすめの記事