初恋ロスタイムの作品情報・感想・評価・動画配信

「初恋ロスタイム」に投稿された感想・評価

うし

うしの感想・評価

4.0
「たぶんこんな設定なんだろうな……。」と思って観ていると、
「……あれ?こんな序盤で石橋杏奈さん出て来て良いの?」と思ったまま話は進んでいき、
「……!え?同じ場所に二人……え?!」とパニックになりました。
決めつけて観てはいけませんね。

なぜ孝司くんと時音ちゃんの二人がロスタイムの世界で出会ったのか、孝司くんのお父さんがお母さんが亡くなるまで仕事に打ち込んでいた理由は何だったのか、諦めずに頑張る気持ちを思い出させてくれる映画です。

ロスタイム中の孝司くんと時音ちゃんの日々は初々しくて爽やかでした。
0i7

0i7の感想・評価

3.4
ある日から毎日決まった時間に1時間だけ2人以外が制止する時間(ロスタイム)が発生し、
この時間に起きた物質の変化は時間が動き出した際に元に戻る(2人の記憶にのみ留まる)という設定が面白かったです
物語自体は決して軽くはないにも関わらず、良い意味で終始爽やかで軽やかな映画でした
原作の方がおもしろそう

 止まった時間の中で出会った二人のSFラブストーリー。どうやら原作からかなり変更されているみたいだけど、その改変が裏目に出て、平凡なストーリーになっちゃった。特に、ロスタイムのロジックが取ってつけた感じになっちゃったのがもったいない。

 勝手な想像だけど、主人公の若手二人(板垣瑞生、吉柳咲良)だと弱いから、客寄せに竹内涼真、石橋杏奈の役を無理矢理作ったように思えてしまう。若手二人(板垣瑞生、吉柳咲良)は、最初はぎこちないけど、だんだんと熟れてきていた感じがあっただけに、もったいなかったなあ。

 ちなみに、吉柳咲良は「天気の子」で陽菜の弟・凪くんの声をやってた子なんだって。
Timewalk

Timewalkの感想・評価

1.5
2021.1.1 U-NEXT

河合勇人の中ではイマイチ
自分的にはあまり楽しめず退屈した作品だった。
というか、ファンタジー的な時空が止まったり
行ったり来たりみたいなのが苦手だからだと思う。
若い主人公2人の演技も何か棒読みでイマイチ作品
に入り込めない。何で見ようとしたのか?
竹内涼真が出てるからだ。しかし、あまり出てこない。
映画だからいいけど、こういう現実味のない設定
どうにかならないですかね。
良かったのは、父親役の甲本雅裕。寡黙で渋かった。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.6
展開読めたけど、思ってたよりはずっと良かった。泣いちまった🤭
板垣瑞生の顔が好きなので最後のシーン綺麗すぎてときめきました
半分の月が上る空+フローズンタイム

なんか時間停止じゃなくても…
都合良すぎな気がして…

ターゲットが私みたいな人ではないので、
文句をつけるのは野暮か
たくみ

たくみの感想・評価

3.0
時間軸が同じとは。
ryusan

ryusanの感想・評価

3.7
タイムトラベル × 時間よ止まれ

相場は毎日12時15分になると世界の時間が止まる不思議な現象に遭遇する。
しかしその世界で動くことが出来る少女、時音に出会う。
母の死からすっかりあきらめ癖がついた相場は、時音に再びこだわる事の大切さを教わる。二人は次第に惹かれ合うようになるが、時音には相場に言えない秘密があった。

1日1時間だけの恋。
再び時間が動き出すとすべてリセットされるという設定はちょっとループものに近いです。

「隠された時間」「君にしか聞こえない」が好きな人におススメ。

タイムトラベルカテゴリー:7 (その他)
タイムトラベルカテゴリーの意味はブログで確認下さい。
http://blog.livedoor.jp/filmactors/
はっち

はっちの感想・評価

2.5
どちらも知らない子。竹内涼真は未来の姿ちゃうんか~い( ゚д゚)
病気で余命いくばくもない設定そろそろやめませんか。
最初から最後まで「だろうね」って感じ。
>|