赤い闇 スターリンの冷たい大地での作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」に投稿された感想・評価

超硬派な作品

ホロドモールを追った記者の人生

私も日本人なのでホロドモールには、
詳しくは無い状態でみたが
勉強しなおして見直したい。

映画におけるドラマ、カタルシスは無いが
今の時代だからこそ見るべき一本

作品の意義を考えて満点
ワカ

ワカの感想・評価

3.0
事実ってことが恐ろしい…。
目を背けちゃダメな歴史だけど、観てて辛くなった…。
赤ちゃんとスープのシーンは胸糞悪すぎる。

いつの時代もジャーナリズムは真実を伝えるべきものであってほしいネ。
YUKO

YUKOの感想・評価

4.0
ウクライナで起きていた大飢饉を追う記者の実話。
時代を超えてジョーンズが私たちにメッセージを届けてくれたんだなと感じました。報道や政治に関わる人に是非見てもらいたい。そうじゃなきゃ何も変わらない。現代のジャーナリズムにも当てはまると思う。ジョーンズのような記者を味方してくれる人が増えてほしい。記者がもっと自由に動けるような世界になってほしいです。
M

Mの感想・評価

-
ジョージオーウェル「動物農場」の農場主の名前もジョーンズ、とどこかで読んで納得。
insomnia

insomniaの感想・評価

3.7
衝撃的な場面の連続で大変疲弊してしまった。
この真実を語ろうとすると必ず生まれる犠牲、誰が味方か分からずもがいている様を見ているのは辛かった。
彼は正常でいられるのだろうか、と考えて観ていると最後には希望が少し見えたと共にこれから先の人生も分かってしまったような気がした。
colga

colgaの感想・評価

3.8
もう苦しすぎる。
戦争中、
真実のために命をかけた記者たちの話。

ウクライナに行こうとして殺された知人。
やっとの思いで辿り着いたものの
目にしたのは残酷な現実。
聞いていた話とは全く異なる
荒廃した土地と、そこに住む人たち。
飢えを凌ぐために木をかじる。
雪の上で息絶えた人を
荷台に積んでいく人。
兄の亡骸の肉を食べ、命を繋ぐ兄妹達。

こんな光景を目の当たりにして
私は正常でいられるだろうか。
発展のために必要な死とは?
金持ちが生き残り、貧乏が死ぬ。

最後、旅にでる後ろ姿…

真実を公表しただけなのに
殺されるなんて、誰が思う?
実話は面白い

一党独裁がいかに怪しいモノであるか
外部への情報統制と協力者を利用した
情報操作でいとも簡単に騙されるマスコミ
現在の日本もたいして進歩してないと思えてならない。

ウクライナでこんな事あったなんて知らんかった。過去に学べという左翼のマスコミはこういう事実をまず大衆に知らしめるべきではないか。

お兄さんの死体の肉で命をツナグ姉弟の姿と表情は絶望だな。
kyoko

kyokoの感想・評価

4.1
2020.10.7
Yoshmon

Yoshmonの感想・評価

3.5
日の目を見ない、歴史の片隅に隠れた不都合な真実。
そんな歴史の哀しい片鱗にスポットを当てた作品。

戦時中でも飢えることを知らないソビエト連邦の経済。
その生産性はどこからやってきているのか?
その謎を追った若き一人のイギリス人記者の半生とともに描いた作品。

陰鬱な雰囲気、寒気を感じる`何も無い`雪景色。

ウクライナという特定の土地で起きていた悲惨な歴史そのものは知らなかったけれど、権力者のエゴと戦争が生み出す不条理はどこでも大差ないもの。
pan

panの感想・評価

3.1
画像に酔ってしまって辛かった。
ウクライナの場面は思っていたより少なかったかな。
>|