屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカの作品情報・感想・評価・動画配信

「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」に投稿された感想・評価

qudan

qudanの感想・評価

4.0
「ザ・ノンフィクション」を煮詰めてクソと小便と精液かけたような味わい。

嫌なこと全部盛りで、映像作品としてまとめた手腕がすごい。
ファティ・アキン恐るべし。
傑作

可愛い売春婦たちを楽しもう

実在したシリアルキラーのお話
売春婦を引っ掛けては殺していくわけですが、その売春婦たち(50.60喜んで)がいちいち可愛い!

臭そうで汚い感じなんだけど、本気で困って体を売る女ってそりゃそうだよね、という感じ。
わん

わんの感想・評価

2.6
シリアルキラーの先駆けこれとか、当時の人はコロナくらい衝撃だったに違いない
俳優さんがめちゃイケメンなのに特殊メイクすごいな
気持ち悪いー
pita

pitaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

🚲🥃🚬🔦🔑‪🚽🏠🔥
いや〜汚ねえ汚ねえ。
学生さんが無事で何より。
そりゃ人間の死体の始末なんて重労働でしょうねえ。人を殺すなら豚を飼うか木材粉砕機を買ってからにしないと。
冒頭から白ブリーフ姿を延々と見せられるので、グロとはまた別の意味で食欲を削ぎます。

主人公は実在のシリアルキラー、フリッツ・ホンカ。
やってることは鬼畜なんだけど狂気性がなく、ひたすら酒癖が悪くて女性のことしか頭にない卑劣な男という感じ。悪の美学なんてものは微塵もありません。
人間くずれみたいなお客ばかりの、あの世紀末酒場が一番怖い。登場人物のアル中率高すぎ。

ストーリー展開上、一度断酒したホンカにまたお酒を飲ませるためのきっかけが必要だったとはいえ、妻の職場にお酒とスナック菓子を持ち込んで誕生日を祝う夫婦に笑いました。なぜ家でやらない。
ずっと何となく気になってた作品。
期待していたほどの気持ち悪さや生々しさは無く、少し残念だった。
終わり方も呆気なかったけど実話が元になっているからしょうがないのかな。

ホンカが殺人という行為が慣れている訳でもなく、ただ怒りからの衝動で殺人を犯しているように感じた。
その為、殺人シーンではスタイリッシュさ(?)は全くなく、そこが逆にこの作品には合っていて良かった。
ホンカが手こずりながらおばあちゃんを殺すシーンはホンカのヤバいやつ感がでていて好きだった。
とにかく、汚い
ひたすら、飲む
腐った臭いが、画面上から常に漂っている感じ。
誰が観ても嫌な気持ちになるそんな映画
ここまで、当時を再現して映像化した製作者の意気込みを感じました。
一見の価値ありです。
こんな世界が本当にあるんだと驚きます‼️
悪い意味で独特な感情が残る映画
>|

あなたにおすすめの記事