屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

上映館(9館)

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ2019年製作の映画)

Der goldene Handschuh/The Golden Glove

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」に投稿された感想・評価

もへあ

もへあの感想・評価

3.6
汚い!臭い!
主人公フリッツはもとより、彼が通うバーと、その常連たちの汚さ、女性たちの精神を失ったような眼が印象的。まるで魂の墓場。
主人公フリッツは、そんな魂を失った女性をいたぶり、殺し続ける。彼の行動は極めて滑稽で理不尽、しかし、なんらかのリミッターが壊れたら大勢の男性がこんな感じになるのでは?というリアルな恐怖も感じる。
あと、特殊メイクで変身したイケメンだが、やっぱり骨格はイケメンとわかってちょっと残念。イケメンは罪深い。
寸pyong

寸pyongの感想・評価

3.2
なんだかとっちらかってた感じ
ゲスくて臭そうなのは伝わったけどさ

アル中でキレちゃう間抜けな人の話

しかし無理やり感も強くてなんだかねぇ

イケメンが特殊メイクまでして演じたのはただの話題作りだった  


汚い風情のお婆ちゃんたちの方がインパクトあったよ
気持ち悪い。エンタメでもない…ポーラでもない。唯一感じる恐怖は俺にもこう言う面あるよなと思われる描写があるから嫌な気持ちになる…‬
劇場の意図か映画のサウンドか分からないけど低音強めで更に気持ち悪さを強調してる。匂いは感じないが汚さは感じれる。好きな人はこう言うの好きかもね。最低点数が1しかないので1にしてるけど0.0000001にしたい。
ファティ・アキン監督は天才なのかな……? 当分はご飯を食べるのに勇気がいりそう(^^;)
なを

なをの感想・評価

3.5
ひたすらに薄汚い。街も、部屋も、人も。よくここまで汚くしたなぁ。計画性の無い殺人が続く。殺されるのも、まただらしない体の女ばかり。それが淡々と画かれていました。ラストが呆気なかった。グロさは言うほど無かったかな。
この監督の映像はすごく好き。
ホンカの部屋とか、汚らしいバーとか、セットの装飾がすごくよくできてる。
ただもう少し人物像を深掘りしてくれる脚本であれば、もっと高得点だったのに〜。残念…。
1970年代ドイツに実在した連続殺人鬼の日常。

汚い・醜い・臭いで展開される阿鼻叫喚の地獄絵図(115分)。
画面からヤバい臭いが漂って来てる錯覚すら覚えた怪作。パない。主演のイケメン(ヨナス・ダスラー)が360度何処から見てもキモイおっさんにしか見えない程木っ端微塵にされてて本当ヤバい(語彙力)。
計画性皆無の殺人エグいし怖過ぎるけど日常に殺人が溶け込んでる感じが実際の殺人鬼の生活に説得力を持たせてて見応えがあった……けど地獄絵図過ぎるので2度目は遠慮します…。

とりあえずお酒は程々にね!!!!!!!!!
これは良い! 『マインドハンター』という残酷なシーンを描かずに最も残酷な物語が放送されてしまった今、中途半端なシリアル・キラーものは全て霞んでしまう。しかし本作は、フリッツ・ホンカというダメにもほどがあるダメ殺人鬼の異常性を追いかけながらも、どう考えても貧困にあえいだり孤独な身だったりする人々の巣窟と化している酒場に集まる人々や、若く美しい娘とお近づきになろうとする明らかなダメ学生、次々と犠牲になる悟りきったような、でも明らかにミソジニーの被害者である老娼婦達などの登場人物を決して背景として処理せず、短い登場でも役割を与え、印象を強く残らせるように描く。それにより浮きだつホンカの異常性、それらを生み出した背景の邪悪さがひしひしと伝わってくる。本当に情けなすぎるラストシーンなど、ブラック・コメディ的な要素も痺れる。カメラを無駄に動かさない撮影も良い。最初から最後まで固定カメラで撮られるキッチン、そこで誰が何をしているかに注目!
あん

あんの感想・評価

4.0
「おお、シリアルキラーもの、これは観ねば!まあハウスジャックビルトかな〜」
みたいなノリで観に行ったら想像の100倍くらい地に足ついた知性ゼロの殺人鬼の話で惨めでユーモラスで最高だった…
そんなに簡単にダークヒーローなんて生まれないんだぞ〜オラオラ
地獄絵図
普通だったら絶対目にしたくない日常がそこにあった
よくこの薄汚さをわざと作れたな
そりゃメイクアップ賞取るわ
言い方おかしいけど美術も素晴らしい
生理的に抵抗のある地獄のような空間をよくぞ再現した
そしてヨナス・ダスラー、これは賞レベルの演技でしょ…すごいよ


これは後を引く
別にあいつはサイコパスではないし、シリアルキラーってほどの猟奇性も感じられない
生きるその営みも殺しもただただ不快で気持ちが悪い
実は直接的なゴア描写がほとんどないにもかかわらず、目の前に見えるものがあまりにもグロテスクってすごいと思うよ
映画におけるグロの概念を覆しかねない
醜悪な現実を淡々と見せられるだけっていうおぞましさ
戦争がもたらした社会の負の側面の最悪の部分を見せつけられた
主演のヨナス・ダスラーが最も暴力的なシーンは観客に任せていると語っていたが、それは確かに理にかなっているかもしれない
スラッシーなゴアを見せてしまうとただのジャンル映画に収まってしまうから
殺し以外で最大限のグロテスクを表現し、殺しはあなたが補完しろ、こんな恐ろしいことあるか

既に複数人殺してるのにも関わらず、心を入れ替えて夜間警備の仕事を始めようとする彼を優しい目で見てしまうのはなんなんだ…
そう思わせた時点でこの映画は勝ちなんだろう
彼の体つきがその歴史を物語る…こう語るヨナス・ダスラー本当に天晴れ


絶対にオススメできないが絶対にオススメ
これはすごいよ