こなごな

ペトルーニャに祝福をのこなごなのレビュー・感想・評価

ペトルーニャに祝福を(2019年製作の映画)
3.4
良くも悪くもさまざまな不寛容と偏見が詰まった一本、権利とルール、伝統と変化、コミュニティの中と外の価値観のぶつかり合いをどう解決すべきかが立場で違うことをめちゃくちゃ入れ込んであり、観ている間にもグラグラ揺れる自分がいた、この映画のオチはまあ、ああするしかないだろうな