やきそばパン

ペトルーニャに祝福をのやきそばパンのレビュー・感想・評価

ペトルーニャに祝福を(2019年製作の映画)
3.7
最初は弱かったペトルーニャが十字架を手に入れてから、どんどん強く逞しい女性になっていくのがすごく良かった。

印象的なセリフがたくさんある中で、ラストシーンが特に皮肉が効いてて好きだった。

ずっと不安そうやったり、険しい表情が多かったペトルーニャが警察から帰ることになったときようやく笑顔が見れてよかった…。彼女の中で何かが大きく変わったんやなというのがよく伝わった。

ペトルーニャの母親をはじめ街全体が女性を下に見てて、そういうふうに教えられてきたからそれが当たり前になっててイライラせずにはいられなかったな〜

そんなアウェーな状況の中1人で戦うペトルーニャが本当に強くてかっこいい…