Naoya

ペトルーニャに祝福をのNaoyaのレビュー・感想・評価

ペトルーニャに祝福を(2019年製作の映画)
2.3
北マケドニアの小さな町で暮らす32歳の女性は就職難に陥っていた。ある日、冷たくあしらわれた面接の帰り道、女性禁止のキリストの洗礼を祝う祭事に遭遇。多くの男性が身構える中、女性が参加してしまう。ヒューマンドラマ作。軸にある男性優位の世界観の中、女性の一度の行動が巻き起こす波乱は見応えがある。あらゆる境遇に出くわす女性の、結末に辿った展開は印象深く、物語の良い余韻が残る。女性だけでなく、様々な登場人物がリアリティのある役柄に感じられます。