カシ

イエスタデイのカシのネタバレレビュー・内容・結末

イエスタデイ(2019年製作の映画)
3.6

このレビューはネタバレを含みます

イギリスにてお先に鑑賞

リリージェームズの健気さとかわいさ
ビートルズの影響力の大きさ、例え歌い手が異なろうとも人を感動させる力のある曲の数々
ドンドン売れていく主人公、しかし結局はパクリでしかないという罪の意識との葛藤
落とし所結局どうするんだろうと思いましたが、今っぽい解決方法で良かったと思う

そしてジョンの登場シーン…思わず息を呑みました
他のメンバーはあの世界線では何をしてるんだろう

歌詞を思い出す作業、とても共感しました 歌の中の登場人物は何してたっけ何してたっけ…アアー!!となるアハ体験の繰り返し
一人であそこまで思い出せるのはある意味功績で、ビートルズを覚えている他の二人が言っていたように、覚えていても歌えない人にとってジャックはビートルズの偉大さを後世に一人で伝える大事なポジションにいて頑張ってる人だよなあと 曲は全て自作だという嘘も最後には撤回したし あの世界線ですべきことをきちんとした印象 えらい

リバプールにちょっと住んでたことがあるので猛烈に懐かしかった そうそう駅のUpper Crust(カフェ)でよく時間潰したよなあ…