mei

イエスタデイのmeiのレビュー・感想・評価

イエスタデイ(2019年製作の映画)
3.8
自分以外、ビートルズを知らない世界。

売れない歌手がビートルズの曲を歌って成功していくお話。

観終わって一番最初に思うのが、ビートルズって素晴らしい名曲ばかり。“ビートルズ“だから売れたんじゃないんだなってこと。

そして、幼なじみがリリージェームズの時点で勝ち組だと言うこと。


主人公の心境とかが誰が見てもわかるように表現されていた。映像の使い方がオシャレとかでは無いんだけど、伝えたい事がちゃんと伝わってくる感じが好印象でした。←上から

ファンタジーな話のはずなのに、あまりそれを感じさせないところがこの作品の良さのひとつだと思う。(ビートルズだけじゃなくてアレも世界からなくなってるとかね)


若者に人気のエド・シーランを出してくるあたりは、ビートルズの凄さをあまり知らない世代でも楽しめるように考えられてるなと思った。

あのエド・シーランが主人公の曲(本当はビートルズの曲)を褒めれば褒めるほど、その曲の凄さが伝わってくるよね。


残りの感想はネタバレの可能性があるので一番下に!↓↓↓↓


ビートルズをあまりよく知らないけどこの作品を十分に楽しみたいって人は、作品を観る前にドキュメンタリーで予習しておく事をオススメします\( ¨̮ )/楽しさ倍増間違いなし!!

おすすめドキュメンタリー☟☟
『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years』










ここからはネタバレの可能性あり!
-----------------
主人公は謙虚すぎてもったいない!!
そこもまた良いと言っちゃえば良いんだけども。映画やドラマで普段悪いやつばかり観てるからか、「え、それでいいの?」って思ってしまうᔪ(°ᐤ°)ᔭᐤᑋᑊ̣

あとね、だいたいこう言うトントン拍子に進むお話って破滅がセットで付いてくるから、ビクビクしながら観てたんだけど、私が観る限りでは優しい世界で良かった。

そう思うと主人公が優等生で良かったな。