まめ

アンダー・ユア・ベッドのまめのレビュー・感想・評価

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)
3.0
登場人物誰一人として応援できなかった。ストーカー行為をしてまで千尋さんを護ろうとした三井くんも、DV夫から逃げられない千尋さんも。勿論DV夫も理解できない。

同じシーンを繰り返して使うのが多かった、DV等の過激なシーンより石の裏のミミズやダンゴムシのアップの方が無理だった。