ST

チャイルド・プレイのSTのレビュー・感想・評価

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)
3.5
設定の変更はよくできてる。

オリジナルはブードゥ教の呪文で犯罪者の人格が人形に宿る設定だったので人形は最初から最後まで人形でしかなかった。しかし、今回は人形自身が人工知能により人格を持ち暴走する。

考えればチャッキーにとってはかわいそうな話。バディてことをすりつけられ、ただバディを喜ばそうとしているだけなのだから。ホラー映画見て楽しそうに笑ってたら、自分が楽しませてあげようと勘違いするんやろなあと。個人的にはホラーみて笑い転げる感覚のほうがわからないが。

しかし、油断してたら想像以上のエグさの連続にびっくりした。チャッキー、おまえはジグソウかと。

昔、AIの悲哀を描いた同名タイトルの映画があった。造形も人間のかわいいこどもで感情移入させられた。あれは超セーフモード設定だったが、チャッキーはセーフモード解除。あのどう考えてもかわいいとは言えない気持ち悪い造形は悲哀をわざと感じさせないためだったのかもしれないなあ。どちらにせよ、むこうの人形はお世辞にもかわいくはないが。