フリーソロの作品情報・感想・評価・動画配信

「フリーソロ」に投稿された感想・評価

imo

imoの感想・評価

2.0
MERUのが好きかな。
アレックスが出発前に、彼女に「死なないで、とか言うなよ」って釘刺すの分かるーってなった。彼女のターン全カットでよかった。
SeikiOdani

SeikiOdaniの感想・評価

3.6
「なぜ登るかって⁈ 」
「そこに岩山があるからさ」
なんて単純なものではないのか、はたまた本能なのか、アレックスにしか解らない。
もうある意味中毒症状やね…。
フリーをする時(死と向き合う)の心境は武士道(侍)のようなものと言ってたのはある意味納得。
hikarouch

hikarouchの感想・評価

4.0
これをエンターテインメントとして消費していいのかという気持ち。一人の人間が、命を懸けて挑んだ記録を、へらへらとポップコーンとコーラで流し込む行為が人間として正しいのかと。

命を支える装備を一切持たずに、体一つで壁に登るフリーソロ。それ自体は超特殊なスポーツだし、このドキュメンタリーを見て始めてみようと思う人もほとんどいないだろう笑。怖すぎるもん。
だが、彼が(文字通り)巨大な壁に立ち向かう心持ちや葛藤というのは、大きなチャレンジに向かうあらゆる人たちに通じる普遍性がある。だから見ていて胸が熱くなるし、自分自身の身に置き換えて色々と考えさせられる。

"幸福な人生に達成はない"というアレックスの発言にはハッとさせられた。原文はこんな感じ。

Anyone can be happy and cosy. Nothing good happens in the world by being happy and cosy.
No body achieves anything great because they're happy.
It's about being a warrior. It doesn't matter the cause necessarily. This is your path and you will pursue it with excellence.
You face your fear because your goal demands it. That is the goddamn warrior spirit.

彼の発する言葉はとても強く、哲学的で、名言至言に富んでいた。

この映画は、撮影クルーも前面に出すというアプローチをとっている。ある意味、ドキュメンタリーの暗黙のルールを壊すような斬新なアプローチだ。通常のドキュメンタリーでは彼らの存在を隠すことで、"リアリティを演出"している。そのため、逆説的にではあるが、ある種のフィクション性がどうしても拭えなくなる(映し出された人物はカメラの存在を意識しているため)。一方本作ではそこも含めてさらけ出すことで、真にドキュメンタリーとしてストイックな姿勢になっているとも言えるし、撮影クルーの存在が彼のパフォーマンスにも直接的に影響を与えているため、彼らの存在抜きにはドキュメンタリーとして成立しなかったということもあるだろう。そしてその判断はとても正しかったと思う。とても誠実なドキュメンタリーに見えた。
Nishiumi

Nishiumiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

途中で一度断念するのがリアル
たがし

たがしの感想・評価

4.3
ロープなし単独クライミング
https://youtu.be/pQNwygldeGU
スリルなドキュメンタリー
最後の20分は冷や汗が全身から噴き出して、恐怖で泣きそうになります。
恋人や撮影クルーも私たち以上に苦しんで泣きそうになってます。
親指半分ほどの突起、本当に息も絶え絶え。
ナレーションもなく淡々と進んでまるで映画のような実話。
彼女の気持ちも友達の気持ちも主人公の気持ちも共感できるものがある。
主人公の周りにいい人が集まってるのは間違いなくて、それが1番の幸せだからこそ自分のしたいことに挑戦し続けられるんじゃないかなと思った。
アレックスは入念な下見と練習を重ね、念願の岩壁エル・キャピタンに命綱なしで挑む!!
ドキドキハラハラでした🤪!!
命をかけてもやり遂げたい事があるってすごいなぁ‼️🎥
ちゃけ

ちゃけの感想・評価

3.9
鑑賞記録
うみ

うみの感想・評価

4.3
もう、すごいです。
>|