トールキン 旅のはじまりの作品情報・感想・評価

上映館(7館)

「トールキン 旅のはじまり」に投稿された感想・評価

yumi

yumiの感想・評価

3.5
ヘルヘイマ!!
(見たらわかる)
イギリスの芸術文化の要素が詰まってる、めっちゃロードオブザリング見たくなった。
あみ

あみの感想・評価

4.2
留学先で環境に適応しようと踠いてる内に機内で観た日から約1ヶ月経ってた...

予備知識なしで観たけどこれはこれで1つの作品としてちゃんと成り立ってて私は好きでした。
特に大きな盛り上がりや悲愴な場面がある訳ではないけど、全体を通してじんわりと胸を打たれる感じ。
こうやって彼の感性が作り上げられたんだなあ

作家というのもあって言葉のセンスが秀逸で、周りの人たちとの会話も面白味がありつつ画面作りも引き込まれるものがあって最後の方は前のめりで観てました。

恋愛要素が主題を邪魔しないよう上手く組み込まれているお陰でよりトールキンの人柄が繊細に浮かび上がってて、観ていて心地良かったです。

そう言えば私の留学先はイギリスなのですが、この映画を観た直後に降り立ったせいでまるで自分が同じ世界に入り込んだかのような感覚に陥りました。
通ってる大学の中庭がこの作品に出てくる中庭と似ていて毎日密かにニヤニヤしています。
M

Mの感想・評価

-
落ち着いた気持ちで見られるけど、ざわざわもする、
才能豊かな人がたくさん戦争で亡くなって、たまたま生き残れた人がこうやってみんなを楽しませる物語を残してくれてるんだな
リリーコリンズはやっぱり可愛い
作家や詩人、画家に何ができるのか。
saya

sayaの感想・評価

-
作品がトールキン財団から許可を得ていないとのことで、フィクションとして楽しみました。

ロードオブザリングもホビットも映画観直したくなるのは勿論のこと、長くて読むのを途中で諦めた原作も今一度読んでみたくなりました。

イギリスの街並みや建物や装飾品の美しさ、映像の美しさが好み。

そしてみんな顔が良い、ずっと顔が良い。すごい。
Fredald

Fredaldの感想・評価

4.3
画面作りが僕好みの作品。
にしや

にしやの感想・評価

4.2
男の友情いいなあ…。画面作りがとにかく好みだった。
酔っ払ったときに慰めてくれた親友が最高によかった。従卒の名前がサムでにやにやした。トールキン作品に詳しかったらもっとニヤニヤできたのかも?ロードオブザリング見返したくなった。
「ロード・オブ・ザ・リング」と「ホビット」を書いた人のお話。トールキンは病気で部下に支えられながら、親友ジェフリーの行方を探す。これほどにまでして探すジェフリーとは何者かという問いかけの中で、母の影響で想像力を養ったこと、夢を語り合う友と出会ったことなどが描かれていた。友情要素が強すぎて、原作ファンにはすこし物足りないかもしれませんが。私は逆に2作を見たくなりました、ファンタジー映画が苦手で未見です・・・すみません。
>|