まいこ

スキャンダルのまいこのレビュー・感想・評価

スキャンダル(2019年製作の映画)
3.8
魚は頭から腐る
@公開記念トークショー付き試写会
宇垣美里さん、古市憲寿さんのトークショーごちそうさまでした( ˇωˇ )
原題の『bombshell』は非常に魅力的なセックスシンボルという意。

今年度メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞。主演女優賞ではシャーリーズ・セロンが、助演女優賞ではマーゴット・ロビーがノミネート。
2016年に起きたセクハラ事件を基に『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のチャールズ・ランドルフがシナリオを書き上げ、シャーリーズ・セロンがプロデューサーをつとめた作品。脚本がそうだからなのかは分からないが、驚いた人に対してカメラが寄るシーン好きなんですよねぇ。笑っちゃいそう。

米ニュースでお馴染みの「FOX」CEO、ロジャー・エイルズが同局キャスターに告発される。
ベテランニュースキャスターを演じるのはニコール・キッドマン。そして売れっ子キャスターをシャーリーズ・セロン、見習い新人キャスターはマーゴット・ロビーが。ちなみに彼女は架空の人物。
相変わらず前半でめちゃめちゃ「FOX」について説明してくれるけど、疎すぎて難しかった。21世紀フォックスに関連してるの初めて知った🥺🥺🥺🥺🥺

アメリカに居住してたら刺さるんやろなあ。なんならメーガン・ケリーのメイクも鑑賞後に本人を調べてみたらめっちゃ似てた。メイクだけでなく喋り方もめちゃくちゃ似てるんだろうけど、惜しいのは日本にいたら馴染みがないから初見で感動が薄くなること。

ちなみに彼女(メーガン)について短くまとめると、
ロジャーは政権に忖度してるしズブズブ!今回も忖度忖度ぅ!
でも彼女は忖度先の某政治家が超嫌い。
持ってる番組でこてんぱんに言いくるめたら支持者につけまとわれてしまった!!!がしかし、会社はなんもしてくれねえ!ってとこでしょうか。


以下びみょ〜〜〜にバレ






『スポットライト』のように社会的タブーを告発する映画で、実話ベースな上、結論ありきなので特に物語も起伏が激しい訳では無いけれど、マーゴット・ロビー演じるケイラをみていてかなり胸が傷んだ。ある一定のシーンから彼女の雰囲気がガラッと変わるのは素晴らしかった。

トークショーで古市さんがおっしゃっていたように「個人間の問題に口出しは出来ない」ので、輝かしい功績の裏には権力者への性的献上があったとしても、双方が理解して行なっているなら仕方ないとは思ってしまう。
作中でも、声を上げるきっかけは"キャリア"であって、誰かが可哀想だとか、フェミニストだからという理由で活動的・活発的に声は挙げていなかった(と個人的には受け取った)。現にチームロジャーがいたのがいい例。

新人キャスターのケイラも最初の目的はそうだったし、他のキャスターも同じで黙認していたし、正直擁護し難いな、と感じた。
でも、「泣いてはいけない」のに号泣して心中を吐露する場面は全ての被害にあった女性を憑依させることによって、彼女たちが一人で抱えていた問題を視聴者の心境へ顕在化させた彼女の存在は大きかった。
キャラそのものは新人・架空と、良いとこ取りの立場ではあるけれど、結局のところ次世代にもこの風潮を残したままでいいのか?これから先を変えるのは若い人たちだ、と今の少数を多数にするための新しいシンボルだと勝手に理解しています。

"2階"にいるロジャーがいなくなっても上の階から降ってくる。まるでだるま落としの替えはいくつもあるかのようで、上下、支配層と非支配層の表現を間接的に感じて後味バッチリでした| Ꙭ)و゙
更には保守的な「FOX」にこんなことがあるというところがミソだと思っていて、相乗的な良さをのっけてくれました😉もう誰も信じられない😉😉

登場人物の説明にもあるように最初の告発者・グレッチェンは契約書にサインした以上、『スキャンダル』に言及できないけれど、まあこの映画が世に出たってことはそういうことだよね。
なんとなくですけど、こういう題材を元にしているだけあって観た人それぞれの感想がききたくなる、そんな問題提起をしてくれる作品でした。ラストも訴えかけるようで私は好みだった。

男の人に限らず人ってある程度やることなくなったら性的搾取に走っちゃうもんなのかな誰か実験して欲しい。今でいえば性的人身取引のエプスティーン。本人亡くなったけど多分代わりの島(人)あるでしょうし闇が深すぎる。

全然関係ないけどタラちゃんの脚フェチとワインスタインとなんか結びついてしまうのが皮肉要素だったなあ。





意図しない性的対象にされているのがわかった瞬間、殆どの人が持つであろう否定的な気持ちを演技で代弁してくれたマーゴットに大拍手を送りたい。
最初の一声がとてつもなく大事なんだと身に染みて感じた。ヒトであるなら見逃しちゃいけないよなぁ。