道士・安野

大菩薩峠の道士・安野のレビュー・感想・評価

大菩薩峠(1960年製作の映画)
3.9
アバンからゴリッゴリの三隅で涙。
刀を吹いた紙の舞い方が素晴らしすぎる。
ここから森での宇津木一門との対決までは絶好調だが、雷蔵と中村玉緒が出奔して江戸でグダグダしてる中盤はテンションが落ちて残念(これはどのバージョンも同じだが)。

中村玉緒が子供殺そうとしてからは怪談映画のテイストが爆上がりして面白くなる。
大映版の最大の特色は机龍之介とお浜の関係を重点的に演出しているところだが、この中村玉緒は最高。
この先ずっと竜之介の精神を蝕む存在としての説得力の高さ。
反面、山本富士子はつまらない。
というか役者に関しては雷蔵と中村以外は東映版に完敗してる。