mako

エリカ38のmakoのレビュー・感想・評価

エリカ38(2018年製作の映画)
4.0
樹木希林さんが企画され遺作となりました。 
「浅田美代子の代表作を作りたい」と本作を企画されたそうです。 

実際に起こった事件をモチーフにしたフィクション。
その事件は近年に起こった有名な事件なので私も知っています。今作を観ればどの事件か分かると思います。 

こういう詐欺事件を企てる人って頭の良さはもちろんですが度胸も相当要りますね。私はどちらも持ち合わせていないので騙される方です笑 
それにしてもいつの時代も詐欺事件はありますが何故こうも引っかかってしまうのか。傍からみれば、そんな上手い話はないのにと思うけど当事者になれば上手い話だと思うのかしら。 
肩書から少し怪しいと思っていてもまさか自分に災難が起こる訳はないと思うのかな。詐欺を働く人はカリスマ性があるのかもしれませんね。 
言葉巧みに人を騙し、大金を集める。そして贅沢三昧して他人のお金を使う。こういう人たちは良心というのが欠落しているのでしょうね。 

色んな人間の欲望を見せられる。怖いけど少し滑稽に見えたり。 

画面は通常のスクリーンの大きさではなく真四角な画面で画質はフィルムのようなザラザラした感じでした。一瞬ドキュメンタリーを観ているかのような錯覚を覚えました。浅田美代子さんの代表作を作るというだけあって、浅田さんの魅力が詰まった映画だと思います。 
ベッドシーンもあり(流石に胸などは見せてません)、浅田さんも樹木さんに応えるべく身体を張られたんだと思います。 

樹木希林さんの出演シーンは少ないですが居るだけで画面が締まりますね。 

エンドロール中かな、ある音声が聴こえてきますので席は立たないように。
観ごたえある映画でした。 


劇場鑑賞 #54
2019 #80